お金を貯められる人は、人間関係を上手に良好な状態で維持させている人が多いようです。お金持ちが実践している「良好な人間関係を維持するためのコツ」とは?

写真拡大

お金持ちが実践している良好な人間関係を維持するためのコツ

「お金持ち体質な人」は、友人や知人、取引先や先輩後輩等との人間関係は、どのように築いているのでしょうか? 交際費にお金をかけるというイメージがあるのですが、本当にそうなのでしょうか?

お金持ちは交際費にお金をかける?

結論から言えば、お金持ちは交際費にお金をかけますが、お金のかけ方にはコツがあるのです。そのコツとは、かけるべきお金とかけなくても良いお金をしっかりと区別してお金を捻出するというものです。

お金持ちが最も大切にしていることは、礼儀と礼節。相手方の冠婚葬祭、お誕生日や引っ越し、昇進や転勤等のパーティーにはできるだけ顔を出します。万一、日程が合わないときには別途、日程を設けてその人のために時間を作り、自分の思いを直接伝えるようにします。

どうしても時間が時間が取れないときには電話をする、プレゼントを贈る等、手間ヒマを惜しみません。

お金持ちは付き合う相手を選ぶ?

反対に、ただ愚痴を言い合うような集まりにはお金も時間もかけません。それは付き合う相手を選ぶということなのです。その最たる基準となるのが価値観です。

人それぞれに価値観は違うのですが、お金持ちは会社を経営している、ビジネスで世界を飛び回る等、ポジティブかつアクティブな人たちです。それゆえ自分が刺激を得られる相手との会話を好むのです。せっかくの集まりにも関わらず、愚痴ばかりを話す人との時間は持ちたくないというのは頷けますね。

同じ価値観を持つ者同士であれば会話が弾むだけでなく、仕事に役立つ情報を得ることができますし、業務提供等にも結び付けることもできます。忙しい人たちだからこそ、貴重な時間をかけるだけの得られるものや精神的な繋がり等のリターンを求めています。

おもてなし上手な人が多い

雑誌等を読んでいると、セレブのパーティー特集を見かけることがあります。そう、お金持ちの人はパーティー好き&おもてなし上手な人が多いのです。

情報は人が集まるところに集まります。特にホームパーティーではお互いにリラックスすることができるので、外では話さない会話に踏み込むことも。招く方だけでなく招かれた方にとっても、有意義な時間にすることができます。

欧米ではホームパーティーは人間関係を構築するために重要なものと位置付けており、親密度によって招く時間を変えることがあります。付き合いが浅い人は昼間に招待し、親しい人ほど招待する時間を遅くする等、一目で親密度が分かることがあるのです。

ビジネスでもプライベートでも親しくなりたい人がいるのなら、ホームパーティーに誘うのはいかが? とはいえ急ぎ過ぎてはNG。しっかりと段階を踏んで招待しましょう。

良好な人間関係というのは、一朝一夕では築くことはできません。良い人間関係は、豊かなマインドとアイディアや思いやりを培うことができるのです。そしてその「ゆとり」こそが、すべてを良い方向へ流すためには、必要になってくるのです。
(文:飯田 道子(マネーガイド))