仕事が忙しくなったり、距離ができてしまったりすると、彼と会う頻度も減ってしまいます。そこで、「会いたい」なんてワガママも言いづらい。すると不安になる一方。そこで男性たちに、“彼女を気に掛けるとき”というテーマで話を聞いてみたので、そこから思われ続けるためのテクニックを検証してみましょう!

文・塚田牧夫

ほどよく心配をかける

「彼女、男友だちが多いんです。よくみんなで集まったりもしているよう。友だちっていうのは分かってるんですけどね……やっぱりちょっと心配。“飲みに行く”って言われたときは、気になって仕方ないです」アツシ(仮名)/28歳

大好きな彼であれば、安心させたいという気持ちが強くなると思います。でも、あまりに安心させすぎると、彼女に対する意識は薄れますよね。

大丈夫かな……くらいに、ほどよく心配させるのがいい。心配させすぎて強いストレスを与えてしまうと逆効果なので、そこは気を付けてください。

話したいと思わせる

「彼女とは一時期、遠距離になったことがあります。そのときは毎晩電話していましたね。彼女が聞き上手で、僕の話を楽しそうに聞いてくれるんです。だから昼間でも、早く彼女と話したいな……と思ってましたよ」シュン(仮名)/31歳

女性はついつい自分の話をしがち。話を聞いて欲しいという願望が強い。でも、そこはちょっと我慢。彼の話を聞いてあげてください。

聞き流すのではなく、リアクションも取ってあげましょう。するとさらに気分よく話してくれるはずです。「もっと話したいな〜」と思い、彼女の存在を大きく感じるようになります。

しばらく放置

「彼女の仕事が忙しくなり、あまり会えない時期がありました。こっちはちょっとラッキーと思って、友だちと遊んでたんですけどね。気が付けば一週間も連絡なし。頑張りすぎてるんじゃないかと、かえって気になり始めました」サブ(仮名)/30歳

男は束縛されるのを嫌がります。ただ、あまり自由にされすぎると、不安になるもの。どうしてこんなに放っておかれるのか、気になってくる。

なので、しばらく放置してみてはいかがでしょう。押してダメなら引いてみろ、といった具合に、思い切って連絡を断つのもひとつの方法です。

ほかの女との違いをアピール

「彼女、女性には珍しく格闘技好きなんです。そこは、俺と共通の趣味でもある。テレビやネットで格闘番組とかよく観ていて、いろんな情報を教えてくれるから楽しいんですよね。試合を観た後とか、彼女の感想がすごく気になります」アキト(仮名)/28歳

ほかの女性とココが違う……という特別感は大事。彼にとってのオンリーワン的な存在になること。男性としては、そんな相手を失いたくないですからね。

誰もやらないこと、自分にしかできないことなんかを見付けると、すごく強みになるはずです。

“しばらく会えない彼に想われ続けるためのテク”をご紹介しました。

「好き好き」だけでは、想い続けてもらうことはできません。そんなことは誰だってできるし、たいした想いは伝わりません。直線的なアピールだけでなく、もっといろんな角度から攻めるべきでしょう。

(C) Africa Studio / Shutterstock(C) GaudiLab / Shutterstock(C) Zoom Team / Shutterstock(C) Dean Drobot / Shutterstock