男性と二人で食事に行くとき、おごってもらいたいタイプですか?

女性によっては様々なテクニックを使って、男性に“ご馳走”してもらっているものです。


出典:https://www.shutterstock.com

そこで今回は、“男性にご馳走してもらうための小悪魔テクニック”をお伝えします。

 

■ テンション高めで褒めまくる

「このお店すごくいい雰囲気!」「お料理とってもおいしい!」など、とにかくお店に連れて行ってくれた男性のセンスを、最初から最後まで褒めまくる戦法です。

「こんなにいい気分にさせられちゃ、割り勘にするのも申し訳ない……」と思わせるのがポイント。センスを褒められれば、男性もいい気分でご馳走してくれるでしょう。

コツとしては、あくまで“自然な流れで褒める”のが大事。小悪魔女子は、男性に「最後までカッコつけよう」と思わせるテクニックを心得ています。

 

■ 酔っているフリをする

これはなかなか小悪魔なテクニックですが、比較的ご馳走してもらいやすい方法でもあります。

酔ってヘロヘロになっている女性に、よほどの男性はお金をもらおうとはしません。「ちょっとお手洗い……」と言っておぼつかない足どりで歩いている間に、静かに会計を済ませてくれるかも。

先日、筆者が実際に見かけたのが、酔った姿で「2000円しかない〜」と言って店員さんから値引きしてもらっている女性。人の良心につけこむ、ちょっとあざといやり方ですが、この手があったか!と思わず膝を打ちました。

 

■ 「次は私が出すね」

大抵お金がかかるのが、一次会の食事代。自分から「次出すからここはお願いね」と言うことで、先手を打ってしまうのです。

二次会は、一次会と比べてお腹も空いておらず、注文数が少なくなるため、安上がりになることが多いでしょう。終電もあるため、長時間飲むというわけにもいきません。すべてご馳走してもらうとはいかずとも、女性側の負担を減らす方法です。

 

■ 「おごりが当然」という振る舞い

“男性から誘っておいて割り勘”は、女性からすると「あり得ない」と感じるかもしれません。

とはいえ、いざ割り勘を請求されると何も言い出せない人も多いのではないでしょうか。

そんな時は、「どうして割り勘なの?」というスタンスを見せてみましょう。あまりに不思議がるあなたを見て、相手に「あれ?」と思わせられるかもしれません。

 

男性の金銭感覚は、実際のところ会計時までわからないもの。もしどうしてもご馳走してほしい時は、今回ご紹介した方法を試してみてはいかがでしょうか。

またご馳走をしてもらった際には「ありがとう♡」と、感謝の気持ちを伝えるのをお忘れなく!

【画像】

※ GaudiLab/shutterstock

【関連記事】


(c)NOSH

【手相占い】「腹黒い人」に現れる相

エロすぎっ!男が「ついつい目をやってしまう」女子のボディパーツ

2位はB型女子×O型男子!「仲良しカップル」になる血液型相性ランキング