女子のイメチェン、男性はこう感じてます。【おフェロなお悩みに♡おタク男子の処方箋】

写真拡大

おタク男子が世のおフェロ女子に物申す!
読者の乙女なお悩みに、バンドマンでおタク男子の彼が思いもよらない変化球で答えます。
恋も仕事もおしゃれも夢も。人生に迷ったらあの人に相談してみよう!

答えてくれるのは、ロックバンド・オワリカラのタカハシヒョウリさん。


↑音楽家時のタカハシさん (c)勝永裕介

↑特撮おタク時のタカハシさん

今回はメンズを代表した知見(?)がびっしり。男性も必読です!

イメチェンしたら褒めてよ!

イメチェンしても無反応な彼。髪型を変えたら褒めて欲しいし、メイクを変えたら気づいて欲しいのに…。かといって自分から言うのは何となくイヤで。男の人ってそういう変化をどう感じているんですか? もしかして、本当に気づいてないんですか? (奈々さん・22歳)

「すいません、気づいてないです。全男を代表してar読者に謝っておきます、すいません!」

―え? 髪の色変えたなとか、新しいアイシャドウしてるとか、わからないんですか?

「さすがに髪をばっさり切ったとか、大きな変化は気づけると思うんだけど、小さな変化は、、それって愛情の問題っていうより記憶力とか洞察力の問題では!?」

―それも一理ありますけど…、女子って”彼に褒められたくてイメチェンしたのに!”って場合が多いですからね。そうですか。ショックです。

「でも、今日は男サイドの代表として、どうしたらうまく反応できるか考えようと思います。僕はとりあえず、目に入ったことに反応できる筋肉”三村筋”を鍛えるといいと思うんですよ」

―みむらきん?

「さまぁ〜ず三村さんのように、赤いものを見たら『赤っ!』、短い髪を見たら『短っ!』って言える反射神経ですね」

―三村さんバリのスピード感で(笑)。でもそれって、髪切って会ったら『短っ!』て言われるってことですよね?

「はい。これは、礼儀としてちゃんと反応しますよ」

―それだと気づいてくれたのは分かるけど、あんまり褒められた気がしないかも…。

「まじ?(笑) 男性からしたらこれで結構すごいつもりですよ!」

―そうなんですか!? 欲を言えばちゃんと”可愛い”まで言ってほしいですけど(笑)。

「まずは男性側が三村筋を鍛えたら、だんだん変化に敏感になるし、うまくいいところを見つけたりもできるようになるんじゃないかと思うんです」

―そうですね。いつかは褒めてくれるようになるかも!

「あと、自分から言うのなんでイヤなんだろう? せっかくのおニューな自分なら、自分からガンガン発信してもいいと思います」

―だって照れちゃいますもん。たとえば髪色を変えたとして、女の子から『髪色変えたんだ…♡』ってアピールされたら実際どうですか?

「”髪色変えたんだ!”って思いますね」

―(笑)。でも照れるのは男性も一緒でしょう?

「たしかにねぇ。僕がイメチェンしたとしても、個人的にはあんま深く突っ込んでほしくないよね。”なんか近頃いい感じ”くらいの、PUFFYくらいの温度感がちょうどいい(笑)」

NEXT:外見だけがイメチェンじゃない!

「でも、見た目のイメチェンだけがイメチェンじゃないからね」

―そうですね。内面イメチェンもアリかも。

「新しい趣味を始めてみるとか、本を1冊読んでみるとか、それだって立派なイメチェンの一環でしょ。僕はこの連載を始めたこともイメチェンですよ」

―恋愛を語れるおタクへのイメチェン(笑)。

「イメチェンして明らかに”痛い”っていうのは、中身が何も動く気ないのに、外見だけ変えることに満足してるパターン」

―なるほど…! イメチェンしようって思う人って、新しい自分になろうとしてるんですもんね。その心意気で内面までフレッシュになれるのが一番ですよね。

「はい。イメチェンって、新しい自分とのマラソンみたいな感じだと思います。とりあえず見た目だけでも新しい自分を走らせて、その後ろを中身の自分が付いていく。いつかその中身が外見に追いついて、追い越して、見た目相応の自分になれたら素敵だと思います。年号も変わるし。イメチェン、どんどんしましょう!」

―マラソン! 春イメチェンを考えてる皆さん、長い目で新しい自分を目指していきましょう。

 

今週のまとめ
・男性はイメチェンを見逃しがち。女子からアピールを!
・外見のイメチェンに内面が追いついてこそ成功。

 

♡おフェロなお悩み大募集♡
arの公式Twitterへのリプライか、ハッシュタグ#おタク男子の処方箋 をつけてツイートしてください! タカハシさんがスパッと解決してくれるかも♪

タカハシヒョウリ
(c)勝永裕介
【ミュージシャン】
ロックバンド”オワリカラ”と特撮バンド”科楽特奏隊”のギター/ヴォーカル、ソロの音楽活動など。
【イラストレーター】
グロカワキャラ”小腸はみ出し夫”の生みの親など。
【執筆家】
いくつかのWEBサイトで連載など。
【ハイブリッドおタク】
バンドのフロントマンの固定概念を覆すガッチガチな情報量と批評眼/語り口、そしてポンコツさ。
愛するのははゴジラ/ウルトラマンを始めとする<特撮>全般、映画、アニメ、マンガ、お笑い、ゲーム、蕎麦など。

特技は<才能の無駄遣い>
座右の銘は<世界の創作物に愛を>