花見が数十年後に消滅か 外来昆虫が木に寄生、専門家が警鐘

ざっくり言うと

  • 特定外来生物「クビアカツヤカミキリ」による被害が拡大している
  • 幼虫がサクラやモモなどの木に寄生し、内部を食い荒らし枯死させるという
  • 「数十年後には日本で花見ができなくなる恐れがある」と専門家は指摘した

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング