※雑誌『プレジデントFamily2018春』号では、海外トップ大学に合格・進学した子の出題書類や、選考の主要項目の内容とその対策などを特集している。写真はハーバード大学に進学した灘校出身の高島崚輔さん(写真=遠藤素子)

写真拡大

開成や灘といった進学校で、東大や京大ではなく、ハーバード大やMIT、イエール大に直接進学する生徒が増えている。海外のトップ大学の入試関係者も定期的に“営業”に来ているという。どんな生徒が合格しているのか。彼らが海外大学を目指す理由とは――。

■東大を飛び越え、ハーバードやイエールを選ぶ開成・灘校生

その数字は確実に伸びている。

2014年5人
2015年10人
2016年7人
2017年22人

これは、今冬を含め、37年連続で東京大学合格者1位を誇る開成高校(東京・荒川区)からアメリカを中心とした海外トップ大学へ進学している生徒ののべ人数だ。

例えば、17年はハーバード大、イエール大、コロンビア大学、UCLAに各1人、プリンストン大3人などのべ22人が合格した(うち、進学したのは7人)。2018年も10人弱が受験をしたという。

これまで海外のトップ校には、東京大学や京都大学など国内のエリート校を卒業したあとに進学することがほとんどだったが、ここ数年、直接海外大学に進むケースが増えてきたのだ。

▼開成には海外トップ大学の入試担当者が直々にやってくる

開成高校の国際交流・留学委員会委員長の小竹禎先生によれば、学校も「直接海外へ」という生徒の流れに対応しているという。

「海外大学への進学を目指す生徒が増えてきたので、生徒からの要望に応じるという開成の基本的な教育方針にのっとって、2014年から委員会を作り、海外大学進学希望者をサポートしています」

サポートはかなり手厚い。生徒と保護者向けに、外部講師を招き海外大学の教育や受験事情を紹介する「カレッジフェア」を夏と冬に同委員会主催で開催している。冬のフェアには、トップ大学のアドミッションオフィサー(入試担当者)や海外大学の様子をよく知るOBが来校する。世界の有望な生徒を獲得するため、わざわざ日本にもやってきて熱心にPRするというわけだ。

2017年にはハーバード大やMIT(マサチューセッツ工科大)、プリンストン大、イエール大、シカゴ大から関係者が同校を訪ねたという。

「生徒にとっては憧れの大学の関係者と話すことができ、刺激を受けるいい機会になります。他校の生徒も(フェア開催の)うわさを聞きつけ、『参加させてもらえないか』と問い合わせてきたので受け入れました」(小竹先生)

そのほか、開成高校生の希望者を対象に週1回、課外授業を開き、受験科目のひとつである「エッセイ」の書き方などを指導する(※)。また、希望者(開成中学生を含む)にはサマースクールの願書の書き方などもアドバイスしている。

※雑誌『プレジデントFamily2018春』号では、海外トップ大学の受験科目やその対策などを合格者のエピソードをまじえてリポートしている。

■灘校から毎年1〜3人が直接ハーバードなどに進学

開成ではどんな生徒が海外への進学を希望するのか。

「海外大学と東大理3の両方に受かった生徒もいましたが、必ずしもトップ層だけではありません。強いて言うなら海外に目が向いている生徒。帰国子女もいるし、日本で生まれ育ったいわゆる“純ジャパ”もいます。私見ですが、グローバルな人材を求める世の中の空気が家庭に伝わり、生徒にも伝わったのではないでしょうか」(小竹先生)

一方、西のトップ校・灘校(兵庫・神戸市)はどうだろう。

「毎年1〜3人がハーバード大やイエール大をはじめとする海外大学に進学しています」と話すのは、海外大学進学の希望者を応援してきた宮田幸一良先生だ。

「2004年にうちの生徒だった北川拓也(現在、楽天の最年少役員※)がハーバードに進学したのは衝撃的でした。それまで国内の大学を経て大学院からの留学が一般的でしたが『高校からハーバードに進む道もあるのか』と。それから生徒たちに話してきたところ、8年前に、イエール大に進学する生徒がひとり出ました。以来、海外大学に進学する生徒が続いています」(宮田先生)

※前出・同号では北川氏がハーバード受験時に実際に提出したエッセイを全文掲載している。

海外大学進学希望者に対する学校の支援体制を聞くと、開成とは異なり、学校主導の支援は一切していないと言う。

「生徒たちが有志で、海外大学に進学した先輩が一時帰国したときに海外大学の事情を聞いているようです」(宮田先生)

▼「生徒会」の出身者が海外トップ大に進学する理由

興味深いのは灘高校から海外大学に進学した生徒の多くは生徒会活動をしていたという点だ。生徒会の顧問でもある宮田先生は、生徒会の出身者が海外トップ大に進学する理由をこう話す。

「生徒会に集まってきているのは、授業の内容にとどまらず、もっと広く学びたい生徒。生徒会では、ボランティアを行ったり、近隣の小学校に授業をしに行ったり、さまざまな活動をします。活動の中で学びとは何か、社会にどう還元できるかを常に考えます。エッセイや課外活動の報告が合否の判断材料となるアメリカの大学受験とこれらの経験が合致しているからでしょう」(宮田先生)

生徒会合宿などの活動の中で、さまざまな文献に目を通したり、レポートを書いたりする機会が多い。「ハードですが、実力が付きます。海外トップ大学を目指す子は塾に通う必要のないほど、成績も優秀です」と宮田先生は話す。

■彼らはなぜ東大ではなくハーバードを目指すのか

では彼らはなぜ東大ではなくハーバードを目指すのか。

「多くの同級生や先輩が東大や医学部に進学する中、海外に進学した生徒は、枠にとらわれず、自分で何がしたいかを考えた生徒。考えた結果が海外大学だったのでしょう」(宮田先生)

今後、東大や京大、医学部などへ進むようなエリート人材が日本国内から海外へ流出するケースが急激に増えるかもしれない。

----------

※雑誌『プレジデントFamily2018春』号では、海外トップ大学の受験科目やその対策などを特集している。この中では、灘高で生徒会活動に励み、東京大学とハーバード大学にダブル合格した高島崚輔さん(東大に半年通い、その後ハーバードに進学。現在同大2年)の受験エピソードも紹介している。ぜひ誌面もご覧いただきたい。

 

----------

(プレジデントFamily編集部 写真=遠藤素子)