3月に入って本領を発揮しているトランプ大統領。これから安倍首相に「シンゾー、北朝鮮との会談は決裂だ。軍事オプション行くから」などと言ってくるのだろうか(写真:ロイター)

今から考えれば、2月のドナルド・トランプ米大統領は比較的おとなしかった。その間にロシアゲートの捜査が着々と進み、フロリダの高校で起きた銃乱射事件に対しては歯切れの悪い対応を繰り返し、ポルノ女優ストーミー・ダニエルズさんとの関係が蒸し返されたりもした。


この連載の記事はこちら

大統領の身辺では、ロブ・ポーター秘書官が元妻2人への虐待容疑で辞職に追い込まれ、お気に入りの美人広報部長のホープ・ヒックスさんがホワイトハウスを去った。

娘婿ジャレッド・クシュナー上級顧問は「セキュリティ・クリアランスの不備」を理由に遠ざけられて、身近な人が周りからどんどん減っていく。メディアの扱いも心なしか小さくなっているようで、天下のお騒がせ男も大統領就任から1年も過ぎて、さすがに鮮度が落ちてきたのかなあ、と思っていたところであった。

3月に入って反撃に出たトランプ大統領

ところがトランプさんは、今月に入ってから果敢に反撃に出た。まずは3月1日、鉄鋼とアルミへの追加関税をぶち上げた。安全保障上の理由に基づく輸入制限措置とのことであったが、筆者としては「あ、アレが原因だな」と反射的に思いましたな。

トランプさんの頭の中を占めていたのは、3月13日のペンシルベニア州第18区下院議員補欠選挙。ピッツバーグ市南方の選挙区で、かつては鉄鋼業で栄えた地域である。保護主義の風を吹かせたのは、かつての鉄鋼労働者たちを鼓舞する選挙戦術であったのだ。

435人もいる下院議員のわずか1補欠選挙のために、世界を相手に貿易戦争を吹っかけるというのはまるで「尻尾が犬を振る」ようなもの。このバランス感覚の悪さがいかにもトランプ流なのだが、ここは2016年大統領選挙で、ヒラリー・クリントン候補に20ポイント差をつけて勝った地区。すなわち、ラストベルトに位置する典型的な「トランプ王国」で、ここを落とすようなら一大事。秋の中間選挙に向けて重要な前哨戦だったのだ。

とはいえ、こんな調子ではまともに仕事をしている経済スタッフはやっていられない。国家経済会議担当のゲイリー・コーン議長がとうとう辞表を提出した。もともと不満を溜めていた上に、懸案の減税法案は昨年末に成立させたことだし、もう十分に義理は果たしたと考えたのであろう。かくして数少ない「大人」のキーパーソンが政権を去り、代わりにピーター・ナヴァロ教授のような保護貿易論者がのさばることとあいなった。

しかるにトランプ大統領は、本気で全面的な貿易戦争を仕掛けたわけではなかった。3月8日にはカナダとメキシコを適用除外にすると発表。代わりにNAFTA再交渉での見返りを要求した。追加関税を正式に発動するのは3月23日からで、日本など他の国は「今後の協議次第」であるという。「そっちが色を付けてくれれば勘弁してやるぜ」という交渉術で、「な〜んだ、いつものプロレス流か」と周囲を拍子抜けさせた。

次々とさく裂した「トランプ爆弾」

ところが同日夜、今度は別の爆弾がさく裂した。この日、ホワイトハウスを訪れた韓国の鄭義溶大統領府国家安保室長らから、先般の南北会談の結果について説明を受けた際に、トランプ大統領は「金正恩朝鮮労働党委員長と5月までに会う」と通告したのである。同盟国への相談はもちろんのこと、国務省など専門家の意見もろくに聞いてはいない。まるで中小企業のオーナー社長のような独断専行、電光石火の即断即決なのである。

そして日曜日の3月11日、トランプ大統領は応援のためにペンシルベニア州の補欠選挙区に入っている。ところが共和党のリック・サコーン候補の勢いは今ひとつ。むしろ民主党の若手イケメンで元海兵隊員のコナー・ラム候補の方が良さげに見える。嫌な予感がしたのであろう。選挙戦当日の3月13日朝、またまた新たな爆弾をさく裂させた。

ツイッターで、「レックス・ティラーソン国務長官の解任」をぶち上げたのがそれだ。気の毒なことに、アフリカ出張から戻ってきたティラーソン長官は、当日の昼頃になって「今までご苦労さん」の電話を受けたという。以前から大統領との折り合いが悪く、「いつ辞めるのか」との風聞は絶えなかったものの、閣僚最上位である国務長官がこんな風に”You’re fired.”を告げられるというのは前代未聞である。

それもおそらくは、「補欠選挙敗北」が翌日のトップ見出しにならぬように、タイミングを計った人事なのであろう。ひどい、ひど過ぎるぞ。同日午後に行われたティラーソン氏の退任声明には、後任のマイケル・ポンペオCIA長官やジョン・ケリー首席補佐官への謝辞はあったが、トランプ大統領に対する言及は一切なかった。

そしてペンシルベニア州18区補欠選挙は案の定、僅差となった。3月16日時点での報道では、民主党ラム候補が627票差でリード。確定まではまだ揉めるかもしれないが、選挙結果が意味するものは中間選挙への黄色信号だ。逆に民主党陣営は沸き立っている。「ラストベルトでも勝てる!」ことが立証されたからだ。

トランプ大統領の次の一手は?

そこでトランプさんは、次にどんな手を打ってくるのか。おそらくは5月の米朝首脳会談という外交イベントに、周囲の関心を集めようとするのだろう。とは言っても、どこで会うのか、何を議題にするのか、北朝鮮が非核化すると言っているのは自国のことなのか、それとも朝鮮半島全体のことなのか、話はまったく詰まっていない。何より話がすべて「口頭ベース」で、紙一枚なしに進んでいる点がおっかない。

以前にも書いたように 、トランプさんの本質は「驚異の視聴率男」である。常に新しい話題を提供し、周囲の予想を裏切るように行動する。政策運営は衝動的、かつカオスであり、そこには外交戦略や長期計画などはまったく存在しない。

いきなり「米朝合意が出来ました。われわれ朝鮮半島からも撤収しますので、後は皆さんでよろしく」などと通告された日には、日本としてはたまったものではない。いや、「米朝会談は決裂しましたので、そろそろ軍事オプション行きますから心のご準備を」と言われたらもっと困るのだが。

財務省による文書改竄問題で足元に火がついている安倍晋三首相としても、これでは放っておくことはできない。国会日程はまことに窮屈であるが、4月早々にも訪米して「簡単に妥協しちゃダメですよ!」「それからウチの拉致問題も、きつく言っておいてくださいね!」などと釘を刺さねばならない。

それにしてもトランプさん、今月に入ってから完全に勢いがついている。本稿執筆時点で、今度は「ハーバート・マクマスター国家安全保障担当補佐官の解任説」が流れている。おいおい、どこまでいくんだよ。大統領の「3月攻勢」により、「トランプ劇場」は満員札止め状態。当「市場深読み劇場」としては、ただ呆れて見とれているばかりである。

ここから先は、お馴染みの競馬コーナーである。

週末は阪神大賞典(G2、18日阪神競馬場11R、3000m)が行われる。ここを勝った馬は、春の天皇賞(G1、4月29日京都競馬場11R、3200m)に向かう。いまどき流行らないと言われる長距離戦だが、ここで繰り広げられるドラマはスプリント戦やマイル戦よりも確実に「濃い」。

魔物が潜む阪神大賞典の本命は、アルバート

いつも思い出すのは2012年の阪神大賞典である。3歳で有馬記念を勝ったオルフェーヴルは、単勝1.1倍でこの日を迎えた。いつもより早めに先頭に立ったので、池添謙一騎手は向こう上面でペースを抑えようとする。ところがオルフェーヴルは、鞍上を振り落とさんばかりにして逸走した。後続を引き離し、黄金色の馬体はあらぬ方向に向かっていく。

場内は騒然。「ああ、きっとこの馬は壊れてしまったのだ。頼むからせめて無事にレースを終えてほしい……」というファンの気持ちを知ってか知らずか、オルフェーヴルは突如として向きを正しい方向に変え、今度は馬群を捉えに行った。

とんでもない遠回りをしたにもかかわらず、レースへと「戻った」オルフェーヴルは先頭に肉薄。結局、ギュスターヴクライに次ぐ2着でフィニッシュ。単勝を買ったファンの勝ち馬投票券(馬券)は紙くずとなったが、3着までを当たりとする複勝は110円(1.1倍)であった。

あれはいったい、何だったのだろう。レースを思い出すにつけ、阪神競馬場3000mのコースには、「魔物」が潜んでいるとしか思えない。

阪神大賞典を勝ち抜けるのは、抜きん出た実力馬だけだ。今年のレースは、昨年の菊花賞で2着だった4歳馬クリンチャーと、ステイヤーズステークスを勝った歴戦アルバートの一騎打ちと見る。人気はクリンチャーだが、ここはアルバートを本命に推す。あと1頭、気になっているのはレインボーライン。買い目を絞って勝負しよう。