<アーノルド・パーマー招待 2日目◇16日◇ベイヒルC&ロッジ(7,419ヤード・パー72)>
米国男子ツアーの「アーノルド・パーマー招待」2日目。予選ラウンドを同組で回った松山英樹とタイガー・ウッズ(米国)はともにスコアを伸ばせず、順位を下げて決勝ラウンドに入る。


出だしの1番でバーディを奪った松山だが、その後は1バーディ・3ボギーとスコアを1つ落としてハーフターン。後半は2バーディ・1ボギーで持ち直したものの、結局イーブンパー、トータル2アンダーは31位タイでフィニッシュした。
ウッズもこの日は苦戦。出だしでボギーを喫すると、9番でもボギー。後半こそ2バーディで何とかスタート時のスコアに戻したが、トータル4アンダーの17位タイに後退した。
トータル11アンダーの首位タイにヘンリック・ステンソン(スウェーデン)とブライソン・デシャンボー(米国)の2人。2打差の3位にテイラー・グーチ(米国)。アン・ビョンホン(韓国)がトータル8アンダーの4位につけている。
リッキー・ファウラー(米国)がトータル6アンダー・6位タイ。ローリー・マキロイ(北アイルランド)がトータル5アンダーの11位タイにつけている。日本から出場の池田勇太はトータル3オーバーの87位タイ、小平智はトータル8オーバーの113位でともに予選落ちとなっている。
<ゴルフ情報ALBA.Net>

松山英樹復帰戦のスコア速報はこちら
松山英樹が結婚の発表を伏せていた理由とは?素顔を見せない松山の“哲学”
松山英樹の2018年スイングはこうなった【連続写真】
【PGAツアー動画】タイガー・ウッズが20m超のロングパットを決めた!
今年もリッキー・ファウラ-がスペシャルシューズを履く!