パット好調の勝みなみ 中止後は練習場で調整を行った(撮影:鈴木祥)

写真拡大

<Tポイントレディス 初日◇16日◇茨木国際ゴルフ倶楽部(6,261ヤード・パー71)>
この日、瞬間最大風速18.0mを超える強風が吹き荒れた「Tポイントレディス」の初日に天候の回復が見込めずに競技中止が決定し、ツアー12年ぶりの大阪開催は波乱の幕開けとなった。
【関連写真】勝みなみのもぐもぐタイム
「残念です。3日間やりたかったですね」と肩を落としたのは、ツアールーキーの勝みなみ。先週の「ヨコハマタイヤ PRGRレディス」ではプロ入り後では初のトップ10入り(9位タイ)を果たし、上り調子で茨木国際ゴルフ倶楽部に乗り込んだ。
まだまだ発展途上の19歳にとっては、実戦が何よりの修練の場。本人も「少しずつ成長している。優勝に近づいていると感じる」と手応えを掴んでいるだけに、今回の中止を最も嘆いている選手の一人だろう。
「あと2日間でやるべきことをするだけ。今日は今日で切り替えて、また明日から頑張ります」と、意気込んだ勝。目標はトップ10入りに置いているが、「優勝を目指して毎試合出ているので。そこは変わらない」。視線は当初のハードルを飛び越え、その先の頂を見つめている。
<ゴルフ情報ALBA.Net>

タイガー、松山の順位は?アーノルド・パーマー招待初日の結果
菊地絵理香の連覇か勝みなみのプロ初Vか はたまた地元で初優勝か【データ好き!記者Aの大胆予想】
よく分かるリランキングリスト〜生き残るのは誰だ!<第二戦「PRGRレディス」終了時>
【連続写真】勝みなみのスイングがダイナミックに!理由は下半身にアリ
「傘もさせない」「練習場のボールが風で転がった」 1組目の選手が語る強風の度合い