順天堂大学医学部

写真拡大

 国家公務員も弁護士も学生の人気低下が伝えられるが、医師の志望者は減らない。それどころか、日本中の医学部が軒並み入学困難になってしまっているのだ――。

 ***

 昨春、東京の私立開成高校からは、東京大学に161人が合格した(入学したのは158人)。36年連続の1位であり、今年も当然のように記録が更新されるものと見られている。

 ところで、開成の生徒数は1学年400人だが、残る200人余りは東大に合格できる学力がなかったのかというと、そんなことはない。ハーバードやプリンストンなどの海外大学にも7人が進学しているし、それ以上に目立つのが、医学部への進学者である。

 国公立大学医学部に進んだのが45人、医学部進学コースである東大理科三類への進学者を加えると、55人におよぶ。ほかに慶應大医学部7人、順天堂大医学部8人など、私立大学医学部に計26人、国立と合わせれば80人以上が医学部に進んでいるのだ。

順天堂大学医学部

 なぜ医学部を引き合いに出したか。それは大学によっては東大並みに、あるいは東大以上に、いま医学部が狭き門だからで、たとえば東京医科歯科大医学部には、開成から10人が進学したが、河合塾のボーダーライン偏差値は70。11人が進んだ千葉大医学部も同じく70で、東大理科一類の67・5を上回るのだ。

偏差値が20以上上昇した大学も…

 では、私大は入りやすいかといえば、とんでもない。

「河合塾全統模試のデータで、私大医学部合格者の平均偏差値は66ほど。難易度が比較的低い大学でも、合格可能性50%のボーダーラインを62・5に設定しています。一昔前はボーダー50前後の医学部もありましたが、現在は状況がまったく異なり、私大医学部は全体に早慶大理工学部以上の難度だと言って差し支えありません。早慶理工ボーダーラインの偏差値は65前後で、高い学科でも67・5。一方、医学部は慶大の72・5を筆頭に70、67・5という数字が並んでいるのです。2008年に6年間の学費を約900万円、一気に値下げして話題になった順天堂大医学部は、98年入試の時点ではボーダーが62・5でしたが、現在は70まで上がっています」

 そう語るのは、河合塾のなかでも医学部進学に特化した麹町校の校舎運営チームチーフ、梅田靖彦氏だ。

 実際、同じ河合塾の88年の偏差値表を見ると、杏林大医学部、愛知医科大、埼玉医科大、聖マリアンナ医科大の偏差値は42・5だが、いまは前の2大学が65、続く2大学も62・5。20以上も上昇している。

 駿台教育研究所進学情報事業部の石原賢一部長は、

「医師会の会報に、医学部受験について書いたところ、平成初期に首都圏の新設医学部を卒業した現役医師の方から、“自分の母校がこんなに難関になっているとは思わなかった”と、お手紙をもらいました」

 と語って、こう加える。

「それくらい医学部受験は変わっているので、情報を集めることが重要です」

高い医学部人気

 ところで開成が私立高校の東の雄なら、西の雄は灘だが、医学部志向はさらに強い。昨年の卒業生は220人で、浪人をふくむ東大合格者は95人。そのうち理科三類が19人を占め、ほかの国公立大医学部も京大の21人を筆頭に64人で、東大と合わせ83人にもなる。

 関西でさえ大企業の本社は少なく、企業人として活躍するには限界がある。だから優秀な高校生の目は医学部に向きがちだが、

「地方のトップクラスの公立高校などでは、高校1年の段階では、6、7割の生徒が地元の医学部志望だったりします」(同)

 この状況を踏まえて、近年の医学部入試を再度、梅田氏に概観してもらう。

「日本には国公立大50校、私大31校、それに防衛医大を加え82校の医学部があり、1校あたりの定員が110名前後ですから、定員は全体で9000名ほどになります。しかも、この10年で医学部の定員はおよそ1800名も増えましたが、それを上回る勢いで志望者が増えています。志願倍率は昨年のデータで国公立大の医学部医学科が4・8倍、私立が18・5倍。他学部を含めた国公立大全体の倍率が2・8倍、私大が3・7倍ですから、医学部人気の高さがわかります」

 もっとも、ここ2、3年は多少、足踏みしている。

「景気が低迷すると、就職不安から資格志向が強まります。医師免許は資格の最たるものですから、医学部人気が沸騰するのです。ここ2、3年は就職状況が改善し、受験界では“文高理低”という状況が続いているものの、医学部人気は高止まりしています」(同)

「週刊新潮」2018年3月15日号 掲載