角田和将(つのだ・かずまさ)  Exイントレ協会 代表理事  高校時代、国語の偏差値はどんなにがんばっても4台。本を読むことが嫌いだったが、借金を返済するため投資の勉強をはじめる。そこで500ページを超える課題図書を読まざるを得ない状況になり、速読をスタート。開始から8ヵ月目に日本速脳速読協会主催の速読甲子園で銀賞(準優勝)、翌月に開催された特別優秀賞決定戦で速読甲子園優勝者を下して優秀賞(1位)を獲得。日本一となり、その後独立。速読を通じて、本を最大限に活かし、時間の量と質を変えることの大切さを教えるため、国内外を飛び回っている。  セミナー講演では医師、パイロット、エンジニアなどの専門職から経営者、会社員、主婦と、幅広い層の指導にあたり、95%以上の高い再現性を実現している。  大企業から学習塾など、さまざまな分野での研修も実施しており、ビジネスへの活用、合格率アップなどにつながる速読の指導は好評を博している。  教室に通う受講生の読書速度向上の平均は3倍以上で、「1日で16冊読めるようになった」「半月で30冊読めるようになった」「半年間で500冊読めるようになった」など、ワンランク上を目指す速読指導も行っている。  著書に、『速読日本一が教える すごい読書術 短時間で記憶に残る最強メソッド』(ダイヤモンド社)などがある。

写真拡大

速く読めて覚えられる――そんな夢のような読書術があるのだから、読まないわけにはいかないはず!15万人が実践し、成功率95%を誇る「本を読む技術」を手に入れれば、本の知識が自身の能力に変わる実感ができます。新刊『速読日本一が教える すごい読書術 短時間で記憶に残る最強メソッド』から、これまでの半分以下の時間で読めて、毎月30冊以上読める読書術を紹介していきます。

イメージから「言語化」ではなく、「アクション」がいい

「ただ読むだけではなく、きちんとアウトプットすること」は非常に重要です。

 ただ、アウトプットというと、多くの人はそれを書き出すようなことを想像するのではないでしょうか。

 もちろん、そのアウトプット方法自体に問題はありませんし、私自身もやっていることです。しかし書き出すことはアウトプットの全過程ではなく、あくまでも一過程に過ぎないのです。

 理解力を上げるには、「環境」と「経験」が重要な要素になります。

 本に書かれていることをそのまま言葉でアウトプットしても、自分の現在のレベルを超える理解にはならない可能性が高いのです。

 自己成長のために活用する読書として考えるならば、「環境」と「経験」の要素も高めていく必要があるのです。

 つまり、言語から変換されたイメージを元に「アクション(行動)」を起こしていくアウトプットを心がけたほうが、より高い理解力を得ることができます。

 本を読むことによって自分に足りないものに気づくことができ、リスクを回避した行動イメージをつくることによって、行動が起こしやすくなるのです。

 私はドラゴンクエストの大ファンで、いつも新作を楽しみにしています。昔は新作の発売が決まると、詳細情報がゲーム情報誌に掲載されていたので、それを読みながら「どのようにキャラを育てていこうかな」といった想像を膨らませていました。

 そして、ゲームを始めると、想像以上にボスキャラが強く、全滅……。このときはじめて「どういうキャラを使って、どういう戦略で挑めばいいのか?」と考えることができるようになり、ゲーム誌を読み返していきながら攻略法を探るのです。

 これはゲームの世界だけではなく、実世界でも同じです。

 再度本を読んでいくと、行動する前に読んだときには気にならなかった文章が、環境や経験が変わったことによって、目に飛び込んでくるようになります。文章をイメージに変換する際、その変換の広がりの幅や深さが変わるからです。そこに変化が生まれると、気づきや閃き、キッカケなどが同時にイメージされやすくなり、「知恵」が生まれやすくなるのです。

 さらに、その知恵を元に行動を起こしていくと、周りの環境や経験値がもっと大きく変化していき、自分自身をより高めていくことができるようになります。

 このように「本×環境×経験=理解力」という読書の方程式をふまえて、それぞれの要素を高めていくことによって、直面する課題を解決し、自己成長の幅をより広げていくことができるようになるのです。

続きはこちら(ダイヤモンド・オンラインへの会員登録が必要な場合があります)