ティザービジュアル(c) SUNRISE/DD PARTNERS

写真拡大 (全3枚)

人気アニメ「TIGER & BUNNY」のスタッフ陣が手掛けるオリジナルアニメ「DOUBLE DECKER! ダグ&キリル」が2018年にスタートする。

「DOUBLE DECKER! ダグ&キリル」は、今年1月に発表された「TIGER & BUNNY」新アニメシリーズプロジェクトのひとつ“バディシリーズ”作品として展開。掴みどころのない残念なベテラン「ダグ・ビリンガム」とやる気だけはある残念な新人「キリル・ヴルーベリ」、最悪で最高のバディ刑事が活躍する。

メインキャラクターデザインの桂正和、シリーズ構成の鈴木智尋、アニメーションキャラクターデザインの板垣徳宏、企画・制作のサンライズは、「TIGER & BUNNY」から続投。監督は、「うたの☆プリンスさまっ♪ マジLOVEレジェンドスター」や「七つの大罪 戒めの復活」を手掛けた古田丈司が務める。

また、ダグ・ビリンガム役のキャストには、海外ドラマ「SHERLOCK/シャーロック」のシャーロック・ホームズ役などを務めた三上哲を起用。キリル・ヴルーベリ役は、「機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ」タカキ・ウノ役や「アイドルマスター SideM」東雲荘一郎役の天崎滉平が務める。

プロジェクトの元である「TIGER & BUNNY」は、「NEXT」と呼ばれる特殊能力者がスポンサーロゴを背負って街の平和を守るという異色の「ヒーロー」達の活躍を描いた作品。実際の企業からスポンサーを募集し、その企業ロゴをつけたヒーローが劇中に登場したことでも話題を呼んだ。2011年4月から9月まで全25話がテレビ放送され、2012年9月に劇場版第1弾「劇場版 TIGER & BUNNY -The Beginning-」、2014年2月に劇場版第2弾「劇場版 TIGER & BUNNY -The Rising-」が公開された。新アニメシリーズプロジェクトでは、「TIGER & BUNNY」の新シリーズも企画している。