ベトナムの正装「アオザイ」(写真:よっちゃん必撮仕事人 / PIXTA)

モノ情報誌のパイオニア『モノ・マガジン』(ワールドフォトプレス社)と東洋経済オンラインのコラボ企画。ちょいと一杯に役立つアレコレソレ。「蘊蓄の箪笥」をお届けしよう。
蘊蓄の箪笥とはひとつのモノとコトのストーリーを100個の引き出しに斬った知識の宝庫。モノ・マガジンで長年続く人気連載だ。今回のテーマは「ベトナムの伝統品」。あっという間に身に付く、これぞ究極の知的な暇つぶし。引き出しを覗いたキミはすっかり教養人だ。

この連載の一覧はこちら

01. 「ベトナムの伝統品」とは東南アジアのインドシナ半島に位置する社会主義国家ベトナムに伝わる技術品のこと

02. ベトナムは中国、ラオス、カンボジアと国境を接し過去に中国やフランスの統治を受けるなど複雑な歴史を持つ

03. 現在では憲法5条によって〈多民族国家〉であることを規定。政府が公認しているだけでも54民族が存在する

04. 首都はハノイで、ベトナム語を公用語とするが、中国語やクメール語、フランス語、ロシア語、英語も使用される

05. ベトナム国民は一定年齢以上に達すると身分証明書を発給され、そこには民族籍を記入する欄が設けられている

06. そのベトナムで〈正装〉とされるのが「アオザイ」である。これは北部の発音で、南部では「アオヤイ」と呼ぶ

07. 長い上衣にパンツを合わせたもので、〈アオ〉は「上衣の一種」を、〈ザイ〉はベトナム語で「長い」を意味する

08. 現在、一般的なアオザイは2枚の布が体を包むような構造で立ち襟。膝丈まである上衣は腰部にスリットが入る

09. 体のラインを引き立たせるこのスタイルは18世紀に清朝から移入された「チャイナドレス」の影響が強いという

アオザイの起源

10. しかしアオザイの起源は紀元前4世紀〜紀元1世紀頃ベトナム北部の紅河デルタを中心に発展した青銅器時代


11. 当時から古代ベトナム人は2枚の前垂れのついたアオザイのような衣装を身に着けていた

12. その様子はベトナム北部タインホア地方のドンソン遺跡から発掘された銅鼓の絵柄にも描かれている

13. 当時のアオザイはまだ中国文化の影響を受けておらず、男性も着用していたものの一般的には女性向けだった

14. その後ベトナムは李朝時代(1009〜1225年)に中国の支配を受けたためアオザイも部分的に影響を受ける

15. 11〜15世紀のアオザイはゆったりとしたデザインで袖が長く、袖口も広いのが特長

16. 15〜18世紀の黎朝時代になるとさらに変化し、4枚布を使うことで動きやすくなり農作業にも使用された

17. シルエットもゆったりしたもので、上衣の下にはパンツではなくスカートを合わせることもあったという

18. アオザイの原型が整ったのは後黎朝中期〜後期にベトナム南部に築かれた半独立国家の広南国(1558〜1777年)

19. その第8代君主グエン・フック・コアットは何万人にも及ぶ華人の流入に対しベトナム文化の危機を直感する

20. そこで彼はベトナムの文化的アイデンティティを守るため南部の人々に対し服装に関する法令を発布した

21. この法令によって男性・女性それぞれのアオザイの形が決まり、それは今日のアオザイに近しいものであった

22. しかし当時のアオザイは茶や黒といった地味な色合い。それを現代風に変えたのがグエン・カット・トゥオンだ

23. インドシナ美術学校の卒業生で、ハノイの画家としても活躍していた彼は1930年代に西洋的なアオザイを発表

24. 上衣を地面につくほど長くし、くびれを作り、正面のボタンフライを体左側面に移すなど伝統を大胆にアレンジ

25. 中国風の立ち襟のみならず襟形も多様でフリル使いや袖をパフスリーブにするなど細部に欧州風装飾を施した

26. 斬新なデザインは女性解放に積極的なインテリ層や王族に支持されたが、性的魅力を喚起するとして批判の的に

27. 勢いを失ったカット・トゥオンは1946年にフランスとの武力衝突が起こるとその混乱の中、行方不明となった

28. 1960年代に入るとベトナムは自由の空気にあふれ、カット・トゥオンのデザインが再評価されることになる

29. 1960年代前半にはベトナム共和国(南ベトナム)の大統領顧問ゴ・ディン・ニューの妻が丸首のアオザイを考案

30. ホーチミンではラグラン袖のアオザイも登場し、以降、ラグラン袖が主流となっていく

31. 1960年代後半には世界的なヒッピーブームを受け、上衣丈の短いミニタイプや幅広いパンツのアオザイも誕生

32. 近年ではジーンズにコーディネート可能なアオザイなど、そのデザインはますます豊富になっている

ベトナム人精神の象徴でもあるアオザイ

33. 一方で伝統的なアオザイの美しさを守る動きも活発化し、2014年にはホーチミン市に「アオザイ博物館」が開館

34. ベトナムを代表するアオザイデザイナーであるシーホアンが開設したもので17世紀以降のアオザイを展示

35. 博物館の建物はベトナム中部の旧家を移築したもので、ベトナム文化とアオザイの歴史を体感できる

36. アオザイはデザインの優美さのみならず、古代から伝わるベトナム人としての振る舞いや精神の象徴でもある


高校の卒業アルバムを撮っているシーン。女子学生はもちろんアオザイを着用している(写真:xuanhuongho/iStock)

37. ベトナムの高等学校や大学では女子学生向けに純白のアオザイを制服として採用しているところもある

38. アオザイの素材は高級な絹など様々あるが、ベトナムは高温多湿ゆえ上衣は一重仕立てで「木綿製」が一般的

39. またその下に履く「クワン」と呼ばれるパンツは薄絹やレーヨンを用いることが多い

40. かつて女性用のクワンは日常着の「青」、未婚用の「白」、既婚用の「黒」などがあったが現在はカラフルに展開

41. ホーチミン市のアオザイは花柄をはじめ柄物が多く、ハノイ市は比較的シンプルでシックなものが多い

42. アオザイはオーダーメイドが基本で生地選び〜採寸、そして縫製の完成まで3日ほどを要する

43. 正装とされるベトナムでは結婚式や卒業式、国民の祝日などに着用するため、ひとり2〜3着はアオザイを所有

44. 一度仕立てたアオザイは太ってしまうと着られないため、ベトナム女性は体型維持の意識が高いとされる

45. 一方で男性用のアオザイは縫製にも余裕があるため、女性用に比べゆったりとした雰囲気を持つ

46. 現代では男性用アオザイの着用は結婚式の新郎や伝統芸能の演者等に限られ、街中で目にすることは稀である

47. アオザイと並びベトナム土産として観光客にも人気が高いのが、ベトナム全土で用いられる「ノンラー」だ


日よけに使われることがメインだが、多少の雨にも耐性がある葉笠(写真:hadynyah/iStock)

48. これはラタニアの木の葉を使って製作される円錐形の「葉笠」のことで、男性用と女性用がある

49. 日よけに使われることがメインだが、多少の雨にも耐性があり、通気性よく頭を守ってくれる

50. ベトナム全土で生産されるが、特に中部にある古都フエは品質が高く、ノンラー作りで生計を立てる職人も多い

51. なかでも特に美しいとされるのがフエ特産の「ノンバイトー」と呼ばれる葉笠だ

52. これは二層になった葉の間に切り絵などを挟んで作る伝統工芸品で、光にかざすとフエの情景や詩が浮かぶ

フエからはさまざまな伝統技術品が生まれている

53. ノンバイトーのみならず、かつて阮朝の王宮があったフエからはさまざまな伝統技術品が生まれている

54. カラフルな「ベトナム漆器」もそのひとつで、宮殿などの塗料として使用された漆の技術がもとになっている

55. 阮朝の第2代皇帝を務めたミンマン帝(在位1820〜41年)は既存のものにとらわれない自由な芸術を奨励した

56. 彼は邸宅を築く際、伝統的な赤や金色のみならず、人々が目にしたことのない青や黄、緑色などの漆塗料を使用

57. 当時、ミンマン帝は欧州や中国から新しい顔料を取り寄せ、カラフルな「色漆」を誕生させたといわれている

58. また1930年代のフランス領インドネシア時代には、欧州の油画に触発された画学生たちが画材として漆を使用

59. 彼らによって色数が増えただけでなく、漆に卵の殻や金箔を貼り、さらに漆を重ねる新しい表現も生まれている

60. ホーチミンの雑貨店などにはいまもオレンジやピンク、グリーンなど他国には見られない鮮やかな色漆器が並ぶ

61. 多彩な色数を誇るベトナムの伝統技術品といえば「ベトナム刺繍」も外せない

62. ベトナム刺繍は王族たちの衣装を飾るために専門の職人が育成されたことから、その文化が開花したといわれる

63. 職人たちは熱帯地方の自然を表現するために、たくさんの色糸を使い、絵画のように縫い上げる技術を生んだ


写真のようにリアルな刺繍技術は圧巻だ(写真:yai112/iStock)

64. 元来ベトナムには各山岳民族に伝わる刺繍文化があったが、王族たちの衣装を飾ることでさらに洗練された

65. なかでも刺繍村として名高いのがハノイ郊外の「クアットドン村」である

66. 17世紀にレー・コン・ハインによってこの村に刺繍文化が伝わったとされるが、緻密で繊細な手刺繍が特長

67. 村には小さな工房があるだけで職人も少ないが、自然をモチーフに写真のようにリアルな刺繍技術は圧巻だ

中国陶器の影響を受けながらも

68. 一方、同じハノイ近郊にあるバッチャン村は「バッチャン焼」と呼ばれる伝統陶器の村として知られている

69. バッチャン村で陶器の制作が始まったのは14〜15世紀頃。当時は他にも陶器を作る村は存在した

70. しかし紅河のほとりに位置するバッチャン村は輸送面で有利で、アジアや欧州などにも多く輸出された

71 バッチャン焼は中国陶器の影響を受けながらも自由でのびのびとした作風を確立し、旅行者にも人気が高い

72. 一見すると日本の陶器とも似ているが、バッチャン焼はろくろを回さず、粘土を型に流して圧して成型する

73. また身近にある自然をモチーフにした素朴なデザインで、絵付けは竹の棒とブラシでひとつひとつ手描きされる

74. ポピュラーな絵柄として知られる「トンボ」は幸運を、「菊」は豊作・金運を、「蓮」は純粋を表すという

75. バッチャン村で制作されたもの以外はバッチャン焼とは名乗れず、村の9割以上の住民が陶器に携わっている

76. 現在のバッチャン焼は、湯飲みや醤油さし、カップ&ソーサー、マグカップ、茶碗、大小皿など豊富な種類がある

77. 小皿やレンゲなどの小物は日本円で100〜200円程度と安価なものも多く、日常使いにもとても適している

78. ベトナムには「ランタン」などの灯りで住居を明るくすることで自身の成功や家族の繁栄を願う風習がある

79. なかでもランタンの街として知られるのが、ベトナム中部の古都ホイアンだ

80. 2世紀〜17世紀に中部海岸地帯を治めたチャンパ王国の港町で、ベトナム最後の王朝・阮朝の外港でもあった。

81. ホイアンは貿易港として栄え、16世紀以降は中国、日本などアジア諸国に加え、欧州からも多くの商人が来航

82. 1601年には徳川家康と正式国交も行い、最盛期には500〜1000人近い日本人が暮らし〈日本人街〉も形成した

83. しかし江戸幕府の鎖国によって交流が途絶えると、その後は中国商人が移住し中国文化が栄えるようになった

84. その影響でホイアンには中国風の紙製や布製の提灯=ランタンが広まり、夜になると街に灯されるようになる


世界遺産の町・ホイアンでは、毎月満月の夜にランタン祭りが行われている(写真:nvlinh12t/iStock)

85. ベトナム土産としても人気が高いホイアンのランタンはすべて手作りで放射状に伸びる軸は「竹」でできている

86. 職人たちはその素材となる竹を選別することからはじめ、竹を割って日光で乾燥させたのちに形に合わせて切る

87. 両端は紐のついた木製のリングで止められ、成型することでランタンのフレームが完成する

88. フレーム完成後、その外側に伸縮性のあるカラフルな布や絹織物のベース地を接着剤で貼り付け

89. そのベース地の上からさらにデザイン柄の入った生地を重ねて貼り付けることで装飾性がさらにアップする

90. ひとつのランタンの完成には4日間ほどかかるといわれるが、近年では竹のみならず木製や金属製のものもある

日中は発光具合もわかりづらいため、購入は夜が吉

91. ホイアンの旧市街には色とりどりのランタンが店頭に並ぶが、実際に灯りをつけて発光具合を確認して購入する

92. 日中はわかりづらいため、夜のナイトマーケットで購入するのがよいともいわれる

93. またコンセントは形状・電圧が日本と異なるため、日本で使用する場合は変圧器と変換プラグが必要となる

94. ベトナムに限らずアジア諸国の祭りにはランタンや提灯が欠かせないが、ホイアンでは正月にも飾られる

95. ホイアンのランタンにはベトナムの「桃」や「黄色い梅」など縁起がいいとされる図柄が施されていることが多い

96. 公園や広場、自宅前などに吊るされるランタンには〈幸福が訪れるように〉という願いが込められている

97. ホイアンはベトナム戦争の戦火を免れ、開発からも取り残されていたため18世紀の古い町並みがそのまま残る

98. その希少性から1999年に世界遺産に指定され、現在では毎月満月の夜になると「ランタン祭り」が行なわれている

99. その夜、各家では電気を使用せず布製のランタンに灯りを灯し、古いホイアンの街は幻想的なムードに包まれる

100. 旧市街は徒歩で散策可能なほどコンパクトゆえ晴れた夜には美しい満月の下、タイムスリップ気分を味わえる。

(文:寺田 薫/『モノ・マガジン』2018年4月2日特集号より転載)

参考文献
参考文献・HP:『アジア・中近東・アフリカの民族衣装』(グラフィック社)、『ベトナム雑貨と暮らす』(河出書房新社)、『地球の歩き方』(ダイヤモンド・ビッグ社)、VIETJO、アパレルリソース・イン・インドシナ、ベトナムスケッチ、ベトナムナビほか関連HP