出会った女性がネタの源。そんな横澤夏子さんが、街で見つけたいい女を実演。今回は、草原で穏やかな心を手に入れる「マザー牧場に行く女」になりきり。

いい女は自分の心を癒す場所を知っている。

みなさんはマザー牧場に行ったことがありますか? 私は何度か訪れていますが、そこで見かける人たちはみんな、穏やかに見えるんです。そもそも、「休日に牧場に出かけていく」という行動をする人に、悪い人のイメージがあまり湧かないのは私だけではないはず。青々と広がる草原の中で羊の大群が走るショーを見ながら、拍手をして笑っているうちに、きっと日頃のストレスなどでトゲトゲした心は洗われていくに違いありません。もしかしたら、イライラしていると動物に気づかれて、怯えられたり、威嚇されたりと攻撃を受ける可能性もあるので、自然と穏やかな心になるのかもしれませんね。

また、乳搾り体験を通じて、乳製品ができる工程や大変さを知ることで、“なんでバターってこんなに高いの!?”という文句も出てこなくなる。と、マザー牧場には穏やかな心になる要因がたくさんあるんです。そして、広い草原の中で写真を撮れば、“私ってちっぽけな存在なんだな”と気づき、“大地よ、自然よ、生き物よ…。みんなで仲良くしよう”という寛大な気持ちになれそうです。そんなふうに、自分の心を自分でご機嫌にできる場所を知っている女性は素敵だと思いませんか?

もちろん、実際にマザー牧場に行ってみることがベストです。でも、ハードルが高ければ、天気を意識することから始めてみるのはどうでしょうか。“こんないい天気の日には、草原に行ったら気持ちいいだろうな…”と思いを馳せるだけでも、気持ちがスッとするはず。あとは、お気に入りの草原が映ったポストカードを買って、眺めたり、イメージトレーニングをするのもいいかもしれません。草原はもちろん、心を癒してくれる“ポストカード映え”する風景を探せる人を目指したいですね〜。

よこさわ・なつこ 芸人。“ちょっとイラッとくる女”のモノマネで大ブレイク。『バイキング』(フジテレビ系)や『王様のブランチ』(TBS系)など、数多くのバラエティ番組にレギュラー出演している。

※『anan』2018年3月21日号より。写真・内山めぐみ イラスト・別府麻衣 文・重信 綾

(by anan編集部)