同イベントでゲストとして登場するシンガーソングライターの川嶋あい

写真拡大

日本赤十字社が献血の必要性をPRするイベント「ご当地大作戦 in 奈良」が3月21日(祝)、イオンモール橿原で開催される。同イベントは、2009年10月から行っている献血推進プロジェクト「LOVE in Action」の一環。「ご当地大作戦」は現在9年目を迎え、これまで36都道府県、合計49回実施されている。

【写真を見る】前回の島根での開催に引き続き同イベントのMCを務める小林麻耶

近年、10代から30代の献血率が減少傾向にある。本イベントでは、スペシャルライブやゲストトークを通じ、献血の大切さ・命の大切さを考えようと呼びかける。イベントは今回で節目となる50回目を迎え、また奈良県では初めての開催となる。

当日は、LOVE in ActionプロジェクトリーダーでラジオDJの“レモンさん”こと山本シュウと、フリーアナウンサーの小林麻耶がMCを務める。また、ゲストには、シンガーソングライターの川嶋あいと、声優の久保ユリカが登場する予定だ。

1人1人の協力で、多くの人々の命を救う献血。この機会に、楽しみながら献血について考えてみよう。(東京ウォーカー・中居千優)