レスリング女子の伊調馨選手に対するパワハラ騒動で、告発された栄和人監督が属する至学館大学の谷岡郁子学長が、きのう15日(2018年3月)に会見して怒りを爆発させた。「わけがわからない」を1時間に9回も連発して、「伊調は言葉が足りない。栄は文脈がはっきりしない」といい、「パワーもない栄に圧力をかける力はない」「そもそも伊調は選手なのか。東京オリンピックをめざすかどうかはっきりしない伊調に対して、5連覇を阻止する動きが存在するのか」とぶち上げた。要は、栄監督へのパワハラ非難は濡れ衣で、伊調こそ自分勝手と言いたいのだ。

告発状を内閣府に出した貞友義典弁護士は、「納得できない会見で、聞いていて不愉快」と反論した。

必死に栄和人監督擁護

司会の加藤浩次「まあ強い口調で主張しましたね。学長からはパワーを感じました」

本上まなみ(俳優)「栄監督は弱いのだと、強調するほど違和感を感じます。もう少し冷静に対処してほしかったですね」

鈴木貴博(経営コンサルタント)「パワハラかどうかは力の有無ではなく、受ける側がどう考えるかが重要です」

加藤「パワハラは(関係者の)位置関係の問題だし、(自分が現役)選手かどうかは本人が決めることです。まちがっちゃいけない」