画像提供:マイナビニュース

写真拡大

ソフトバンクは3月15日、建設現場での省人化と遠隔操作による作業効率化を目的として、大成建設と共同で第5世代移動通信システム(5G)を利用する建設機械の遠隔操作などの共同実験を2018年1月に実施したと発表した。

同実験では、遠隔での建設機械の制御や安全監視などをリアルタイムで実施するため、両社が5Gを利用する実験環境を設け、建設機械の制御信号と車載カメラ映像のデータ伝送試験を実施したという。

具体的には、東京都港区のソフトバンク本社にコントロール拠点を、同じく東京都港区の「5G×IoT Studio」の赤坂エリアに工事現場を想定した実験局をそれぞれ設け、大成建設が独自の技術で開発したという自律型建設機械の挙動のシミュレーションシステムと高精細画像を用いて、現行の4Gと5Gの伝送速度及び遅延値を比較したとのこと。

実験の結果、現行の4G通信性能と比較して、建設機械の制御信号と高画質のカメラ映像を10倍の伝送速度で、かつ10分の1の遅延時間で通信できることを確認したという。

これにより、5Gの利用で遠隔からでもリアルタイムに建設現場の状況を確認でき、省人化につながる建設機械の制御や安全監視などが可能になるとしている。

今後両社は、作業性と通信安定性を高めた未来の建設生産システムの実現に向けて、5Gが本格的に商用化する2020年以降に建設現場で適用できるよう、2018年度から実際の建設機械を用いた本格的な実験に取り組む。

2018年度は建設機械の遠隔操作と高精細画像の伝送実証実験を、2020年頃までには実際の土木現場で複数の建設機械の協働実証実験を予定している。