上海のインターチェンジ

写真拡大

上海など中国の都市部では、各種のシェアリングサービスが盛んに利用されている。「Uber」のような配車サービスだけでなく、1回50円程度でランチを配達するサービスや、壊れたスマートフォンを格安で修理するサービスもある。なぜ中国ではこうしたサービスが急速に普及するのだろうか――。

東京や大阪のオフィス街では、お昼どきに街へ繰り出す人をよく見かける。一方、上海など中国の都市部で働くビジネスマンは、昼食を取りに外出することがめっきり減っているという。聞けば、オフィスを出ることなく、出前をとって昼食を済ませるのが主流となっているというのだ。

背景には、出前アプリ「餓了嗎(アーラマ)?」(=お腹すいた?)の爆発的な普及がある。「餓了嗎?」はこの1〜2年に、上海を始めとする都市部に普及した。このアプリを使えば、どこのレストランの料理でも取り寄せられるようになる。上海でお昼ごはんを食べようとすると、一食20〜30元(約340〜510円、2018年3月現在)ほどだが、驚くべきはその宅配料金だ。1回2〜3元(約34〜51円)、つまりご飯代に1割ほど上乗せするだけでどこのランチでも届けてくれるのだから、その安さゆえ、あっという間に普及するのもうなずける。

日本では、アメリカ発のシェアリングフードデリバリーサービス「Uber Eats」が都心など一部都市で展開されている。送料は一律380円(https://about.ubereats.com/ja/tokyo/faq/)なので、少し特別なときに頼むイメージかもしれない。だが、上海における「アーラマ?」は、普通のお昼ご飯に毎日頼むイメージだ。

本連載では前回、急成長するシェアリング自転車のビジネスモデルや文化に焦点を当てたが、今回は、中国で普及している他のシェアリングサービスにも目を向け、こうしたビジネスを支える個人や社会背景について紹介したい。

■タクシーよりも高級なシェアリングカー

以前筆者が中国に住んでいたころ、現地のタクシーといえば、運転が荒っぽく、お世辞にもきれいとは呼べない印象だった。しかし最近は、中国でタクシーを利用することはほとんどない。シェアリングカーサービスを利用するからだ。私や友人たちが利用しているのは「滴滴打車」(ディディダーチャー)という、「Uber」のようなシェアリングカーサービス。専用アプリから配車を頼めるし、タクシーよりも高級な車に乗れることが多い。料金はタクシーに比べ2割ほど高いが、その人気は高い。私が乗ったUberの運転手はスーツを着ており、車内はとても清潔感があった。

■スマホの修理もシェアリングで

日本ではスマートフォンが割れたまま修理をせずに使っている人をよく見かけるが、中国ではスマホの修理さえもシェアリングでできるから驚きだ。先日、中国に出張していたときに、スマホの充電器差し込み口が壊れて充電できなくなり、困ってしまった。すると一緒にいた現地の友人が、「ちょっと待ってて」と言って、スマホのアプリで何かを注文した。10〜20分くらいたったころ、人がやってきて筆者の壊れたスマホを預かってくれるという。セミナーを聞いている間の1時間くらいで修理は終わり、直したスマホを持ってきてくれた。

これも、スマホを修理したい人と修理ができる個人をつなぐシェアリングアプリ上でできることだ(中国人は「平台」(ピンタイ=プラットフォーム)と呼んでいる)。何分で修理ができるかがアプリに表示されるので、それを選ぶ。無料でスマホを取りに来てくれて、修理後も届けてくれるので、かかるのは修理代だけである。

以前だとスマホを渡すと盗まれるのではないかと思っていたものだが、AlipayやWechat Payを使ってスマホで決済をするのだから後で追跡されるわけだし、盗むことはないだろう、と安心して手渡した。こういうところからもさまざまな新しい事業が、複合的に起こっていることを感じる。

こうやってさまざまなシェアリングサービスを目の当たりにすると、その便利さや新しさに目を奪われ、「中国ってすごい」と感心するところで止まってしまうことがある。だが大切なことを忘れてはいけない。なぜ中国で多種多様なシェアリングサービスが普及したのか? それは、昼食を宅配したり、車を運転したり、スマホの修理をしたりといった仕事を安価に請け負う人々がいるからに他ならないということだ。

■出稼ぎ労働者「外地人」

上海で「餓了嗎?」の昼食を運んでいるのは、地方都市や田舎から出稼ぎにやってきた「外地人」(ワイディーレン)と呼ばれる人たちだ。外地人と呼ばれる彼らは、以前は工場などに勤めており、中国経済の発展を支えていた。最近ではIT経済やシェアリングサービスが台頭し、今は手持ちの自転車やバイクを使い、昼食の宅配を個人で行っている人も多い。

私が乗ったUberの運転手も、外地人だった。真夜中に2時間ほど運転し、その後また2時間かけて帰らないといけない行程で、「上海人は絶対にこんなことはしない」と話していた。「外地人」は都市部に土地を持っておらず、高い家賃や生活費を払うには、その分一生懸命働かないといけない。改めて、上海人と外地人の違いを思い知らされた瞬間だった。中国のGDPは日本を追い抜き世界第2位となったが、貧富の差はいまだ激しい。安い収入でも仕事を請け負う働き手が多くいるということが、中国でこうしたシェアリングサービスが普及する背景としてあるのだ。

■中国のシェアリングサービスは、もはや“シェア”ではない

シェアリングサービスとは、一般的な概念では個人がもともと持っている車や家といった、資産の余剰を市場に開放することで成り立っているものだ。「ちょっとそこまで車で行くから、ついでに乗せていってあげる」「空き部屋があるから、旅行者を泊める」といったように、個人が持っている余剰資産と空き時間を使ってする、お小遣い稼ぎのようなものが多い。

だが中国では事情が異なる。シェアリングサービスを担う「外地人」は、完全に自身のビジネスとして行っているからだ。自転車ではなくバイクを買って、つまり投資して昼食の配達をしたり、よりお金がある人は車に投資をして運転をしたり、はたまたスマホ修理という一種の専門技術を身につけたりする。彼らは配達なら配達、修理なら修理と、それを専門にやっているのが特徴だ。もはや資産の余剰をシェアするというシェアリングビジネスではなく、実際はその名の下に発展した、新しいIT分野ビジネスだと言えるだろう。

■会社勤めよりも、“個人”として働きたい中国人

シェアリングサービスを安価に使えることからも、それに携わる人たちがたくさん稼いでいるとは思えない。だがそれでも「外地人」は、個人として働こうとする。誰かに雇われるより自分の裁量で投資をし、ビジネスをやろうとする意識が浸透しているのだ。そもそも中国では個人事業主やフリーランスとして働く人が圧倒的に多く、シェアリングサービスに携わる人はその一部にすぎない。日本だとフリーランスは企業の請負をすることが多いが、中国では、対個人のC2Cのビジネスも一般的だ。「投資をし自分のビジネスを行う」という考え方は、一部の起業家やビジネスマンだけのものではなく、誰もが持っており、中国人が持つ「商人気質(かたぎ)」と言い換えてもいいかもしれない。

日本ではなかなかシェアリングビジネスが普及せず、隣の中国でうまくいっているのを見ると「まねすればいい」と思うかもしれない。また、「日本は規制が厳しいから」という理由で説明されることもある。だが、背景にある文化や社会構造が異なるのが、日本では普及せず中国で発展している大きな理由だ。シェアリングビジネスは中国人の商人気質と、貧富の差が激しい社会にマッチして発展した。それは、大量生産・大量消費時代に日本の終身雇用や集団で努力する文化がマッチして繁栄したことと同じ構図だ。

最後に、こうしたシェアリングサービスがこれまでの時代のサービスと最も異なる点は、サービスにおける取引が全て情報となって蓄積されているということだ。全ての取引が、実名の個人情報とつながったスマホ決済で行われ、位置情報と連携されている。13億人の行動情報が、特定のIT企業に集約されているのだ。これがシェアリングサービスの産み出す最大の富であり、シェアリングサービスが世界に展開されていく日は、私たち日本人が想像するよりずっと早いかもしれない。

----------

菅原伸昭(すがはら・のぶあき)
iROHA 共同代表取締役及びオイラーインターナショナル共同代表。1969年生まれ。91年京都大学卒業、日商岩井入社。96年 中国語学短期留学の後、キーエンス入社、1999年台湾現法設立、2001年 中国現法設立、責任者として中国事業拡大に貢献。その後アメリカ法人責任者を経て帰国後、2014年よりTHK 執行役員 事業戦略責任者。2017年より産業用のAIを開発するベンチャー企業を設立、現在に至る。(連絡先:nobu.sugahara@iroha2017.com)

----------

(iROHA 共同代表取締役/オイラーインターナショナル共同代表 菅原 伸昭)