エイチ・アイ・エス代表取締役会長兼社長 澤田秀雄氏

写真拡大

業績が好調なのは、社長に先見の明があるから。では、そんな敏腕の社長は、どんな分野にお金を投じようと考えているのか。誰もが気になることを直撃取材する。

■世界を旅して世の中の動きを俯瞰する力を養った

私は高校卒業後の1973〜76年、旧西独のマインツ大学に留学しました。そして大学に通うかたわら、日本からの観光客や出張者に夜のドイツを楽しんでもらう「ナイトツアー」を企画して、学費や滞在費を稼いでいたのです。

実は当時、世界的な石油ショックで株価が暴落していました。そこで経済学を学んでいた私は、勉強も兼ねて独フォルクスワーゲンや日本の日立製作所などの株を、ナイトツアーで貯めたお金で買いました。「どれも国を代表する大企業だから、いずれ株価も持ち直すだろう」と考えたからです。実際に半年から1年で購入した株はすべて値上がりし、お金は倍増しました。その数千万円の資金を元手に帰国後の80年、格安航空券の販売会社「インターナショナルツアーズ」を設立。それが現在のエイチ・アイ・エスです。

留学時代に初めて株を買って以来、長年にわたる株式投資の経験で得た私の持論の1つが、「株価は経済の先行指標」です。おおよそ3〜9カ月先の経済が見通せます。先行き景気が悪くなるときや、企業収益が悪化するときは株価は下がり、逆に経済見通しが明るいときや、企業収益が増える見込みだと株価は上がります。

いま、米国ではNYダウ平均株価が2万4000ドルを突破し、過去最高値を記録しており、「たぶん2018年上半期の米国経済は明るいのでは」と予想できます。日経平均株価も約25年ぶりに2万3000円台を回復し、これからも好調が続き、18年は3万円台に乗るとの予測も出ています。それが実現するかどうかはわかりませんが、足元の日本企業の業績は好調で、「国内景気も株価も、19年上半期はいいのではないか」と私は見ています。

ただし、いまの株高の背景には世界的な金余りがあるのも確かで、米国や欧州では金融引き締めに動き出していることから、1年、2年先の経済情勢や株価は不透明です。

日本企業の業績が好調な半面、企業の内部留保が注目されています。「お金は天下の回りもの」というように、お金は滞留することなく、循環するほうが望ましいのです。企業は利益を新たな事業や設備投資に回すことで、その企業の成長期待が高まり、株価が上がり時価総額も増える。そして事業がうまくいけば利益が生まれ、再投資したり、従業員や株主に還元する。そうした好循環が何よりも大切なのです。

では、有望な投資先をどのように見つければよいのでしょうか。それには世界の動きをよく見ることです。そこに成長産業、有望な市場の芽があるからです。私はドイツ留学以来、世界各国を旅するなかで、世の中の動きを俯瞰して見る目を養ってきました。

世界を見渡す際に、特に重要なのが欧米エリアです。欧米発のビジネスの多くが数年後に日本に入ってきて、やがてアジア諸国などにも広がっていくからです。古くはスーパーマーケット、コンビニエンスストア、最近ではネット通販サイトなどがそれに当たります。旅行業界でも、FIT(海外個人旅行)やOTA(オンライン旅行代理店)など新たな潮流が生まれています。私もそうした動きをいち早くキャッチして、素早く対応してきました。

■「ホテル・ロボット・エネルギー・植物工場」に力を入れる理由

欧米の後追いだけではおもしろくない。日本からも新ビジネスを発信して、お金の好循環を生み出したい。そこで私は「ホテル」「ロボット」「エネルギー」「植物工場」に力を入れています。

アジア諸国では中間層が増え、海外旅行を楽しむ人が増加したことで、来日観光客は右肩上がりで、ホテルが不足しています。とはいえ普通のホテルでは、アピール力が弱い。そこでハウステンボスで成功した「変なホテル」というロボットを活用した、生産性の高いホテルを展開しています。今後1年で10軒程度、5年以内に100軒に増やす計画です。海外展開も進め将来的に世界1000軒を目指します。

また、世界の人口は爆発的に増えており、近い将来エネルギーと食糧不足の時代が訪れます。そこで現在、シール状になった太陽光フィルムを開発中です。また、新型蓄電池の開発にも着手していて成功すれば、ニッケル水素電池やリチウムイオン電池に比べて安価で、充電サイクル回数も10倍以上という高性能な蓄電池が誕生します。

そして、食糧不足の解消に有効なのが植物工場です。砂漠や寒冷地など農業に適さない場所でも作物がとれるようになります。植物工場は現在、建設費用や光熱費が高いことなどで普及が遅れていますが、前述したロボットやエネルギー技術を活用することで大幅なコストダウンが可能になります。

このほかハウステンボス園内で使える電子マネーの実証実験を始めました。当社が所有する金(1トン=約50億円相当)を裏付けとしたもので、「1テンボスコイン(仮称)=1円」で換金します。将来は全国に広げていく考えです。

最後に私が考える株式投資の3つのポイントを紹介いたします。まず、その企業が成長の見込めるビジネスモデルを持っていること。次に、トップの社長にしっかりとした経営能力が備わっていること。最後に、きちんと利益を出していることです。これらを満たしていれば、きっと長期投資で大きなリターンを期待できるでしょう。

▼澤田秀雄社長の2018年の3つの注目ポイント

1.上半期の日米の景気は明るく、株式市場は好調だろう
2.注目成長分野は「ホテル」「ロボット」「エネルギー」「植物工場」「電子マネー」
3.個別の株式は「ビジネスモデル」「社長」「利益」で選別

----------

澤田秀雄
エイチ・アイ・エス代表取締役会長兼社長
1951年、大阪府生まれ。80年、エイチ・アイ・エスの前身となるインターナショナルツアーズを設立。2010年、18年連続赤字だったハウステンボス社長に就任し、半年で黒字化。多角的に事業を展開し、地方の可能性を切り開いている。

----------

(エイチ・アイ・エス代表取締役会長兼社長 澤田 秀雄 構成=田之上 信 撮影=小田駿一 写真=時事通信フォト)