今はまだ寒くても、だんだん春めいてくるこの時期。4月から新生活をスタートさせる人も多いことでしょう。こんな季節こそ心機一転! なにか新しいことにチャレンジしてみるのもいいものです。
そこでおすすめなのが、気軽に始めやすいランニング! 今シーズンこそデビューしたいという方に、ぜひ知っておきたいヒントをまとめてみました。

ランニングデビューするためのヒント

1. 走り出す前のウォーミング、走り終わってからのクールダウンを忘れないで!

「走ってこそランニング!」とばかりに気追い込んでいる人ほど、すぐに早いペースでグングン走っていこうとします。でも、これは初心者さんにあるあるなミスのひとつ。筋肉はほどよくウォームアップされてこそ、本来の力を発揮できるものです。
走る前、走った後のストレッチや準備体操をしっかり行って、体のコンディションをまずはしっかり整えましょう。気持ちよく走りだせるだけでなく、ケガの予防のためにも大切なことです。

2. 走らない日はお家やジムで体幹トレーニングをし体づくりをする

ランニングデビューをする初心者さんなら、最初は週2、3日からスタートするので十分。毎日ストイックに走る必要はありません。でも、走らない日もお家やジムで体幹(コア)を鍛えるトレーニングはしておきましょう。
目立たないことですが、体幹がしっかり働いて体がブレない走りができると、ランニングスキルもぐっとアップします。テレビを観ながら、歯を磨きながらなど、スキマ時間でやってしまえば長い時間もかかりません。

3. いつも同じコースを走らないで、ロード、芝生、トレイルなどをミックスする

いつも同じコースや舗装された路面ばかり走っていませんか? それだとどうしたって単調になるし、飽きてしまうでしょう。ランニングは本来どこでもできるもの。ぜひ機会をつくって、芝生や山道のトレイルも走ってみましょう。
ロードを走る時とは違った筋肉が鍛えられるし、自然のなかを走ることは大きな解放感やリフレッシュ効果をもたらしてくれるはずです。

4. 音楽、ラン友、レースやイベント、モチベーションアップさせてくれるものを見つける

せっかくランニングデビューしても1か月もしないうちにモチベーションダウンして、走らなくなってしまうのはもったいないですよね。学校の部活のような強制力はどこにもないのですから、大人のエクササイズはいかに自分のモチベーションをキープするかが肝心です。
好きな音楽をガンガンかけながら走る、気の合うラン友を見つける、レースや大会を目指す……そんなモチベーションを上げてくれるような要素を常に探しておくといいですよ。

5. ムリは禁物! 最初はゆっくりと気持ちよく、そして徐々に距離を伸ばしていく

初心者がいきなり10キロ走ろうとしても無理があるし、トレーニングしても途中で投げ出したくなってしまうでしょう。最初は距離もタイムも気にせず、とにかく自分が心地よく走れることを大事にしましょう。そうやって時間をかけていけば、無理なく自然に実力もついてきます。
焦りは禁物、“楽しく続けられる”ことこそ上達の秘訣でもあるのです。

6. 自分の足に合ったシューズを見つけて、ケガを防止する

ランニングシューズ選びも楽しみの一つですが、ちょっと待って! 人にはそれぞれ足の特徴やタイプがあります。せっかくランニングデビューするなら、自分の足にぴったり合ったシューズを専門店で店員さんのアドバイスを受けながら選びましょう。
自分では気づかない部分までちゃんと見て、指摘してくれるのがプロの仕事です。足に合わないシューズはケガの原因に。だからこそ、注意深く選んでくださいね。