オバマ前大統領も所持!ブラックカードを上回る衝撃のカード

写真拡大

世の中には、富裕層が持つ特別なクレジットカードが存在する。以前、「教えて!goo ウォッチ」でも「入会金54万円!本当にすごいブラックカード3選」という記事を紹介した。しかし、クレジットカードの最高峰はブラックカードと思いきや、実はそうではなかった。どうやら世の中には、ブラックカードのさらに上をいくカードがあるというのだ。そこで今回も、クレジットカード専門サイト「ナビナビクレジットカード」編集部の菊谷彩加さんに、そんなカードが本当にあるのか聞いてみた。

■JPモルガン・チェイス・パラジウム・カード

日本国内で発行できるブラックカードのうち、入会審査の難易度と年会費が最も高いものが、前回紹介したアメリカン・エキスプレス・センチュリオン・カード、通称「センチュリオン」だ。しかし、どうやら海外にはそれを上回るカードが存在するらしい。

「海外に目を向けると、センチュリオン以外にもさらに高いステータスを誇るカードがあります。たとえば、オバマ前大統領が利用していたとされる『JPモルガン・チェイス・パラジウム・カード』です。通称パラジウムカードといいますが、2016年にパラジウムカードの発行は停止し、『JPモルガン・リザーブ・カード』という名前で引き継がれているようです」(菊谷さん)

何とあのオバマ前大統領も所持していたとは……。どんなカードなのか興味津々である。

「その名の通り、パラジウムという貴重な金属と23金を合わせた素材で作られています。
入会するためにはもちろん招待が必要で、ケタ違いの富裕層を対象としたカードです。JPモルガンにプライベートバンクを開設し、最低でも1,000万ドル、日本円にして約10.6億円(2018/3/14の1ドル=106.32円のレートで換算。以後、同様)以上の取引がないと持てないカードと噂されています」(菊谷さん)

まさに、選ばれしものだけが持つことを許された究極のカードといえよう。

■パラジウムカードの特典とは

では、パラジウムカードにはどんな特典があるのか教えてもらうことにした。

「年会費はセンチュリオンに比べると意外にも安く595ドル、上記同様、円にすると約6万3千円である(2018/3/14の1ドル=106.32円のレートで換算)。もちろん、お得な特典もあります。レストランや旅行に関わる費用なら1ドルにつき3ポイント、それ以外は1ドルにつき1ポイントが貯まります。1ポイントは、提携している航空会社1マイルや1セントとしてキャッシュバックされます。最低でも還元率1%に近いということになります。また、外貨取引の手数料も無料です。通常クレジットカードの利用状況は個人情報機関に共有されますが、このカードは顧客データに送られないため、プライバシーが守られているといえます」(菊谷さん)

ちなみに、Instagramのハッシュタグ「#palladiumcard」を検索すると、富裕層がカード自慢している姿を見ることができるそうだ。

■バンクオブドバイ・ファースト・ロイヤル・マスターカード

他にもすごいカードはないのか尋ねたところ、もう一つあるという。

「世界で最も煌びやかなクレジットカードといわれているのが、『Bank of Dubai First Royale MasterCard(バンクオブドバイ・ファースト・ロイヤル・マスターカード)』です。カードには金箔が散りばめられ、中央にはダイヤモンドが埋め込まれています。ドバイに住んでいる富裕層で上位100名くらいしか持つことができないとの噂で、王室や石油ビジネスの成功者しか持つことができません。年会費は公表されておらず、人によっては無料や日本円にしても数万円程度だそうです」(菊谷さん)

ドバイや石油というワードを聞いただけでも、セレブのニオイがぷんぷんする。その特典もすごそうだが……。