通勤中に資格勉強。スマホ対応マーカーで、暗記もサクサク

写真拡大

3月も半ばになり、もうすぐ今年度は終わり。来年度こそは、仕事で使える資格をとりたい! でも朝は早くて、家に帰ると疲れてクタクタ……。時間がとれなくて、なかなか勉強をはじめられない女性もきっと多いのでは? まずは、通勤時間を資格の勉強にあてるところからはじめるのがいいかもしれない。

スマートフォン対応暗記用マーカー アンキスナップ SMS1-F ¥540(編集部調べ)
引用:http://www.pentel.co.jp/

参考書の暗記したい箇所を蛍光ペンでマーク。その部分をスマホの専用アプリで撮影。マークした部分が見えなくなって、赤シートを使っているみたいに。隠れている部分をタップすると、ペンで塗りつぶした部分が見えるようになる、優れもの。

引用:http://www.pentel.co.jp/

暗記しながら、ページごとに○で自己採点や、重要なページに★マークをつけたり、ペンで囲った部分を切り取ってくれる機能など、使い方は多彩。色ごとに見えなくすることもできるから、細かい使い分けも可能。

引用:http://www.pentel.co.jp/

スマホのアプリを使って、簡単に暗記シートが作れる、アンキスナップ。4月から、なにか資格の勉強でもはじめてみようかなって気分になってきた。でもまずは、参考書を買うところからだけどね。

(マイナビウーマン編集部)