プレス機に全身を挟まれ39歳の工場長が死亡 群馬・太田市

ざっくり言うと

  • 群馬県太田市のリサイクル工場で、39歳の工場長がプレス機に挟まれ死亡した
  • 警察によると、工場長は同僚とともに廃金属のプレス作業中だったという
  • 詰まった金属を取り除くために中に入った際、プレス機が作動したとのこと

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング