自分だけのベビースターラーメンを作ろう!三重・津市におやつのテーマパーク

写真拡大

【津】自分だけのベビースターラーメンを作れる―。おやつタウン(津市、松田好旦社長=おやつカンパニー会長、059・202・3733)は15日、津市にスナック菓子「ベビースターラーメン」づくりなどを体験できる工場一体型テーマパーク(完成イメージ)を建設すると発表した。総投資額は約25億円。2019年夏の開業を目指す。

 テーマパークの名称は「おやつタウン」で“遊べる”“学べる”“創れる”をコンセプトにした商業施設。おやつカンパニーの久居工場(津市)の隣接地に建設する。延べ床面積は3960平方メートル、2階建て。オリジナルのベビースターラーメンを作れる体験コーナー、ミュージアム、室内遊戯場、物販・フードコーナーを設ける。

 久居工場へ見学に訪れる小学生や親子連れや、伊勢志摩方面に観光で訪れるインバウンド(訪日外国人客)の誘客を狙う。初年度40万人の来場を見込む。

 おやつタウンは、おやつカンパニーが保有するコンテンツを活用したエンターテインメント施設の企画運営を行う。松田社長は「おやつカンパニーと相乗効果を発揮させたい」としている。