物流ベンチャーのCBクラウドが展開する単身引っ越しサービス。スマホアプリで引っ越しの依頼主と軽貨物ドライバーをマッチングする(撮影:田所千代美)

東京23区内での単身引っ越し料金が5000円を切った――。うそのように聞こえるかもしれないが、本当の話だ。

3月上旬の平日、東京の渋谷区から板橋区へ、距離にして十数kmの引っ越しにかかった料金だ。引っ越しをしたのは日本への留学生。荷物はスーツケースや布団袋、本など軽ワゴン1台分で大きな家電や家具はないが、れっきとした単身引っ越しだ。

破格の引っ越しができたのはなぜか。今回の引っ越しは、物流ベンチャー「CBcloud(クラウド)」が手掛けるスマートフォンアプリ「ピックゴー(PickGo)」が仲介した。クラウド上で、引っ越しをしたい個人と仕事を求める軽貨物ドライバーをマッチングする。軽貨物ドライバーとは、貨物軽自動車運送事業の免許を持ち、軽ワゴンや軽トラックで荷物を運ぶ個人事業主を指す。

引っ越し依頼主とドライバーが直接交渉

ピックゴーでは、引っ越しをしたい人が日時や場所、荷物の種類や量を入力してドライバーを募集する。仕事を受けたい軽貨物ドライバーは希望の料金やコメントとともにエントリーする。応募してきたドライバーとは、メッセンジャーアプリ「LINE(ライン)」でのやり取りのように個別に料金交渉をすることができる。料金は原則5000円からだが、依頼主とドライバーが合意すればそれ以下も可能だ。アプリでは荷物の写真を投稿することもできるため、実際に見積もりに来てもらう必要はない。軽ワゴンには合計350kgまで荷物を積める。

冒頭の引っ越しでは、留学生の知人が引っ越し前日にアプリで募集をかけたところ、わずか5分でドライバー5人からエントリーがあった。留学生の知人によれば、1万円ほどの料金を提示してきた人もいたが、最終的には料金の安さとドライバーの評価で決めたという。ドライバーは普段は企業の荷物配送を請け負っており、荷主が5段階でつけた評価の平均を見ることができる。「料金が安く、すぐに決まったので本当に助かった」と留学生の知人も満足げだ。


CBクラウドのスマートフォンアプリ「PickGo(ピックゴー)」のデモ画面。依頼主が引っ越し案件を投稿すると、ドライバーがエントリーする仕組みだ(写真:CBクラウド)


軽ワゴンの荷台は幅1.2m、奥行き1.8m、高さ1.2mで、合計350kgまで荷物を積める(撮影:田所千代美)

ピックゴーを展開するCBクラウドは仲介の場を提供しているだけで、依頼主とドライバーとのやり取りには原則として介入しない。契約成立時に引っ越し料金の一律10%を手数料として同社が得る仕組みだ。軽貨物ドライバーは、営業や見積もりのための訪問が不要なため、低料金を打ち出せる。また、ほかの運送の仕事をしながらでも、空き時間があればスポットで仕事を入れられるため、稼働率を高めることができる。

ピックゴーは、もともと企業間の荷物配送向けに2016年に立ち上げられたB to Bのサービスだ。食品や印刷物、建材などの配送を依頼したい企業と、軽貨物ドライバーをマッチングする。2017年8月からは個人の荷物配送もサービスに加えた。フリマアプリの「メルカリ」などを通じた個人間売買(C to C)の広がりで、ソファなど大型家具を運ぶニーズが高まると見たためだ。さらに単身引っ越しにも着目。日本の単身世帯数はこの10年で3割増加しており、今後さらに増える単身引っ越しの需要を取り込む構えだ。

引っ越し難民問題で注目が集まる

最繁忙期を迎えた今春の引っ越しシーズン。3〜4月には年間の引っ越し件数の3分の1が集中するが、今年は希望どおりの予約ができない人が相次ぐ。仮に予約が取れても、料金は例年よりも高い。日本通運は3月下旬〜4月上旬の単身パックの割増料金を従来の2000円から5000円に引き上げた。ヤマトホームコンビニエンスも同様の割増料金5000円を設定。引っ越し業界も人手不足で、人件費や委託費の上昇分が料金に転嫁されたためだ。

「引っ越し難民」が社会問題化したこともあり、ピックゴーには単身引っ越しの依頼が増えている。CBクラウドの松本隆一CEOは、「軽ワゴンに積める荷物の量には制約があるが、単身引っ越しの新しい選択肢として消費者に訴求していきたい」と話す。

ピックゴーの利用者の中には、荷物の大半は別の引っ越し業者に依頼し、残しておいた身の回りの荷物を後日ピックゴーで運ぶといったケースもあるという。ピックゴーでは、ドライバーとマッチングさえできれば、引っ越し当日でも依頼が可能で、時間変更の融通も利きやすい。仕事や家庭の都合で引っ越しを1回でできない人にとっても、使い勝手がよさそうだ。

利用者が気になるのは、トラブルだろう。引っ越し作業中に生じた損害は、CBクラウドが加入した保険でカバーされる。荷物の賠償額は最大1000万円。建物に損害を与えた場合など第三者賠償責任は最大1億円だ。

ピックゴーに登録中のドライバーは現在3500人。今年1月に報酬の当日払いを導入したことが追い風となり、足元では毎月300人ほどのペースでドライバーが増えている。一般的にドライバーは、ガソリン代や駐車料金、高速道路料金など日々の出費が多いが、報酬を受け取るまでに1〜2カ月ほどかかる。ピックゴーでも従来は締め日を設け、最長30日後の入金となっていた。新たに登録したドライバーの中には新規開業者も少なくない。


留学生の都内での引っ越しを受注した軽貨物ドライバーの柏崎鉄也さん。企業荷物の配送の傍ら、引っ越しの仕事も積極的に受注している(撮影:田所千代美)

ドライバーが増える中、その質をどう担保していくかが課題となっている。CBクラウドでは、ドライバーへの各種マニュアルの提供に加え、配送で特別な取扱いが求められる荷物の場合、携帯アプリを使ったeラーニングで一定の点数を取らないと運べない。今後はeラーニングの対象を、配送の基本的な事項にも広げ、新規開業者の習熟度向上につなげたい考えだ。また、軽貨物ドライバーとしての経験が浅い人には、ほかのドライバーが運転する軽ワゴンに同乗するプログラムの実施も検討中だ。

冒頭の引っ越し作業を受注したドライバーの柏崎鉄也さんは「引っ越しは接客業でもあるので、できるだけ依頼主とのコミュニケーションを取るように心掛けている」と話す。

同社も、引っ越しなど個人荷物の配送は、企業荷物の配送とはドライバーに求められる資質が違うと考えており、今後はドライバーの評価を、個人向けと企業向けで分ける考えだ。

ドライバーの収入増をどう実現するか

ピックゴーの配送件数に占める個人荷物は、まだ1割程度。CBクラウドでは、ドライバーの登録が増えていることから、全体の仕事量を増やすためにも、個人荷物の配送需要を掘り起こしたい考えだ。今後は引っ越しだけでなく、家具の分解や組み立て、パソコンの設定などの付帯業務も追加できるようにする。松本CEOは、「仕事の幅を広げることで、ドライバーのやりがいを高め、収入増につなげていく」と話す。


CBクラウドの松本隆一CEOは、ドライバーにとっての仕事の魅力や待遇を高めることに、経営の重点を置いている(撮影:梅谷秀司)

引っ越しを含む物流業界では大手の下請けに中小事業者が2次、3次と何社も連なる。大手ゼネコンを頂点とする建設業界に近い多重構造だ。物流業界では階層ごとにマージンが抜き取られていくため、末端にいるドライバーが最も割を食う。ドライバーの待遇改善が進まないかぎり、人手不足の解消は難しい。

ドライバーにとって魅力的な働き方をどう実現していくか。対応できる引っ越しの規模は小さいが、ドライバーがクラウド上で仕事を直接受注するという取り組みは、課題山積の物流業界に一石を投じそうだ。