復帰戦を2アンダーにまとめた松山英樹(撮影:GettyImages)

写真拡大

<アーノルド・パーマー招待 初日◇15日◇ベイヒルC&ロッジ(7,419ヤード・パー72)>
日米のスーパースターが期待通りのスタートを見せた。
右の林なんて怖くない!スライスはこう打て!【タイガー・ウッズ連続写真】
米国男子ツアー「アーノルド・パーマー招待」初日。タイガー・ウッズ(米国)が6バーディ・1ダブルボギーの「68」でラウンド。午前スタート組の中では二位タイにつけ、復活優勝へ絶好のスタートを切った。
同組で回る松山英樹は、1イーグル・3バーディ・3ボギーの2アンダー。1カ月半ぶりの実戦を見事なラウンドで乗り切った。
首位は5アンダーをマークしたジミー・ウォーカー(米国)。小平智は3オーバー、スタートしたばかりの池田勇太は出だしからダブルボギーをたたき、苦しい展開となっている。

<ゴルフ情報ALBA.Net>

【連続写真】
近づきつつあるタイガー・ウッズの“最終日のスペシャル”【舩越園子コラム】
タイガー・ウッズが優勝予想1位!過去8度制した大会で完全復活なるか?
松山英樹が優勝大本命 アリゾナにそびえる“松山城”