前作に引き続き、静岡県伊東市を舞台に物語が展開される、新作シリーズ「あまんちゅ!〜あどばんす〜」/(C)2018 天野こずえ/マッグガーデン・夢ヶ丘高校ダイビング部

写真拡大

■ キャストによるトークショーも!

地元ならではのグルメを提供する屋台が多数出店

今年4月放送開始の第2期シリーズ「あまんちゅ!〜あどばんす〜」への期待が高まる「あまんちゅ!」。放送開始に先立って、作品の舞台である静岡県伊東市で先行上映会が催される。

「あまんちゅ!〜あどばんす〜」の第1話をいち早く鑑賞できるほか、「あまんちゅ!」ベストセレクションを大スクリーンで見られる貴重な機会だ。さらに、当日は佐藤順一総監督をはじめ、主人公の小日向光を演じる鈴木絵理と大木双葉役の茅野愛衣が登壇するトークショーも予定。無料で鑑賞できるので、友達や家族を誘って参加してみては。※要入場整理券。10:00〜14:00、川口公園(松川河口)にて配布

■ ご当地グルメから「あまんちゅ!」の新作グッズまで

上映会の前に立ち寄りたいのが、会場から徒歩5分の場所で開催されている「第2回 伊東・地場産品フェスタ」。伊東市で収穫された野菜や近海であがった魚介類など、多彩な食材を使ったグルメがそろうイベントだ。

なかでも、伊東市名産のサバをアレンジしたご当地グルメに注目。サバをすり身にした「いとうナゲット」や、ゴマサバを洋風に仕上げた「伊東ナポリタン」など、アイデア満載の料理が並ぶ。そのほか、地元民に人気の「伊東温泉焼そば」も見逃せない。伊豆の温泉を練り込んだ極細麺に、キャベツや紅しょうが、温泉卵を乗せたボリューム満点のご当地麺だ。

また、物販ブースでは、地魚を使用した「ひもの」や旬の農産物といったお土産にぴったりな商品も販売する。

会場には、「あまんちゅ!」の新作グッズの販売ブースや等身大スタンディなども登場するので、ぜひ上映会前に足を運んでみては。(東京ウォーカー(全国版))