史上初の銅メダルを獲ったカーリング女子。でも日本の農家は“複雑”(時事通信フォト=写真)

写真拡大

■韓国イチゴ、9割以上、日本由来だった

平昌オリンピックでカーリング女子日本代表が「韓国のイチゴがおいしい」とコメントをしたことがネット上で大きな話題を呼びました。後半戦の作戦会議と、栄養補給を兼ねてフルーツを食べる姿が「もぐもぐタイム」と呼ばれ、そこで韓国のイチゴを食べていたそうです。微笑ましくも思えるのですが、その背後の実態には暗雲が立ち込めています。

プレジデント誌の既報通り、イチゴをはじめ、さまざまな日本のフルーツが韓国に流出していることが大きな問題となっています。農水省の調査によると、韓国のイチゴ栽培面積の9割以上が日本の品種を基にしたものといわれています。これまで「とちおとめ」「レッドパール」「章姫」といった日本を代表するブランドイチゴが無断で持ち出され、韓国で勝手に交配されて「雪香(ソルヒャン)」「梅香(メヒャン)」「錦香(クムヒャン)」というブランドが作られ販売されています。

「なぜ日本のフルーツが流出してしまうのか。脇が甘いのではないか」そんな疑問と憤りを感じるのではないでしょうか。明らかになっている流出経緯の1つは次のようなものです。

愛媛県のイチゴ農家、故・西田朝美さんはレッドパールを6年間かけて開発しました。新品種の栽培というのはものすごく大変な作業で、レッドパールに限らず、開発には数年、時にはそれ以上かかることも珍しくありません。そんなレッドパールは皮肉にも開発者の西田さん自身が韓国に渡したのです。その経緯は次のようなものです。

ある日、西田さんの下へ韓国人農業研究者が訪れ「レッドパールの苗が欲しい」と懇願されたそうです。「絶対に渡せない」と応じる西田さんに「そこを何とか」と拝み倒され、断りきれなかったというのです。西田さんは書面で「レッドパールの苗を5年間、有料で栽培できる条件で渡す。契約者以外とは許諾契約しない」と書面による契約を結びました。しかし、それも虚しく、その後韓国でレッドパールは無断で広がっていきました。

西田さんの下へ訪れたという農業研究者の正体は金重吉(キム・チュンギル)氏。彼はテレビ番組の取材に対して堪能な日本語で「日本のイチゴよりおいしいよ」と悪びれもせず答えており、彼の本棚には日本の農業技術についての本が並んでいます。韓国でレッドパールが広がって大きなシェアを取っていることについて触れると、「知り合いに苗を譲り渡したところ、勝手に栽培したり売ったりし始めた」と金氏は説明しています。

日本からの抗議を受け、韓国は2002年に植物新品種保護国際同盟に加入し、08年よりロイヤルティーを支払う約束を日本としていました。しかしその後、日本が要求していた年間30億ウォン(約3億4000万円=08年当時)に「金額が高すぎる」と韓国が反発。そこで国産イチゴとして雪香を誕生させ、支払い要求に対抗したのです。

西田さんにロイヤルティーが入ってくることはなく、レッドパールの知的財産権が失効。イチゴ開発に心血を注いだ西田さんは、韓国との決着を見届けることなく15年に他界しました。ちなみに雪香を開発した韓国の農学博士は「日本とのロイヤルティー戦争に打ち勝った英雄」とされています。

韓国はイチゴの輸出ですでに日本の上をいっています。海外輸出量は日本の5.7倍以上(14年度実績)。日本のイチゴを盗み、許可なく勝手に栽培して他国に売ってお金を稼いでいます。これは言うなれば他所の家に泥棒に入って、家財を売ってお金を稼いでいるようなものではないでしょうか。

五輪で注目が集まった韓国のイチゴ泥棒の手口と実態。メダル獲得を成し遂げたカーリング女子が言った「おいしい」のコメントを、日本の農家たちはどのような思いで聞いたのか。韓国イチゴは日本のイチゴの主な輸出先と競合しており、タイやベトナムでは“高級果物”として人気を博しているようです。韓国イチゴがアジアにおける国際的なスタンディングを獲得してしまう前に、一刻も早く手を打たねばならないときが来ているのです。

(フルーツビジネスジャーナリスト 黒坂 岳央 写真=時事通信フォト)