常識がどんどんアップデートする今の時代。次々登場する新語についていけなかったり、自分だけがわからない話題があったり…。そんなギモンを大調査。アラサーの「それ知りたい!」に応えます。

暮らしまわりの気になる用語を、読者100人にアンケート。すると次のような結果に。

ビットコイン…79%、格安スマホ…70%、NISA…62%、IoT…46%、保険…41%、Uber…37%、ふるさと納税…32%、iDeCo…30%

アラサー女子が気になっているのは、おもに「知っていたらトクをするかも」ということ。でも、自分で調べるのは面倒なようで…。

「例えば仮想通貨のビットコインに怪しげなイメージを持っている人も多いと思いますが、仮想通貨はインターネットと同じくらい世界に浸透する可能性を秘めたもの。今この仕組みを理解しておけば、近い将来の心強い武器になるでしょう」(「ビットバンク」代表取締役CEO・廣末紀之さん)

そんな新ジャンルはもちろん、アンケートからはスマホのことなど「今さら人に聞くのは恥ずかしい」というギモンも浮上。迷える女子に代わって、アンアン編集部が徹底解明に乗り出しました。これを読めばスッキリするはず!

ここではアンケートに答えてくれた人のうち75%が、その使い方でイマイチわからないことがあると答えた“スマホ”にまつわる疑問に迫ります! 教えてくれたのは、スマホ/ケータイジャーナリスト・石川温さんです。

そもそもiPhoneとAndroidってどう違うの?

OSとはスマホに搭載された基本ソフトのこと。iPhoneとAndroidではそれぞれ異なり、それによってまずは使えるアプリが違う。「ほかにも細かいスペックに差があります。容量では最新のiPhone Xが256GBと突出。一方、Androidは価格の安さや多彩な機能性が魅力。例えばGalaxy Note8はペン付きで、手書きでメモが取れるなどユニーク」(スマホ/ケータイジャーナリスト・石川温さん)

【iPhone】Apple社が開発、製作しているスマホ、機種はiPhoneのみ、価格は4万〜12万円、容量はiPhone Xで最大256GB、直感的に操作できる。iPhoneならではのデザイン性の高さも支持されている点。iPhone Xはホームボタンがなくなり、さらにスッキリ。

【Android】アンドロイドというOSを搭載したスマホ、機種はGalaxy、Xperia、AQUOSなど、価格は1万〜10万円、容量はGalaxy Note8で64GB、赤外線通信、ワンセグなど付随機能が充実。シャープは液晶、ソニーはカメラなど、強みはそれぞれ。容量はメモリーカードで増やせる機種が多い。

格安スマホってホントにお得?

格安スマホは、ドコモ、au、ソフトバンクという大手3キャリアの通信回線を借りるなどして、月額使用料の大幅ダウンを実現。「基本料金は月額2000円前後。大手のおよそ半額〜3分の1程度なので安さを優先するなら最良の選択。ただ、スマホの利用者が増える平日の12〜13時は通信速度が遅くなったり、何分でもかけ放題の通話プランがないことも。通話メインの人は慎重に検討を」

【Y!mobile】ソフトバンクのサブブランド。本家と同じ回線を使うため、混雑時の速度低下はほぼなし。全国に店舗があるのでサポート対応は万全。月額1980円〜で1回10分まで通話無料、オプションでかけ放題にすることもできる。

【UQ mobile】KDDIの関連会社が運営。auと同様の高速回線を誇る。5分以内の無料通話込みで月額1980円〜。スマホと同時契約で端末代金が割引になるマンスリー割や、手持ちのスマホで乗り換えた場合も修理対応してくれる保証も。

iPhoneを格安で使う方法は?

「方法は2つ。手持ちのiPhoneを格安で使うなら、ドコモなど契約しているキャリアの窓口へ行き、スマホのICカードである“SIM”のロックを解除してもらい、その端末に格安スマホブランドで契約したSIMを差す。または、iPhone 6sなど以前のモデルならUQモバイルなどの格安スマホブランドでも扱っているので、それを端末ごと契約するのも手」

よく聞くスマホ用語。これどういう意味?

ギガ:データの大きさを表す単位GB(ギガバイト)のこと。データ通信量に比例して、月額基本料が高くなる。「目安は月に2〜3GB。ただ、動画を大量に見る人は契約通信量を月の途中で使い切って通信速度が遅くなることも」

Wi‐Fi:無線でインターネットに接続できる方式。「Wi‐Fiにつなげばスマホのデータ通信量が節約できます。ただ、フリーWi‐Fiには悪意のある人にデータを抜き取られるなどの危険性も。特に海外ではむやみにつながないこと」

クラウド:スマホでは、おもにネット上のストレージを指す。「iPhoneは『iCloud』、Androidは『Googleドライブ』など。ここに写真や動画などを保管すると、ほかの端末からも見ることができます。データのバックアップに重宝」

テザリング:スマホをルーター代わりにパソコンやタブレットをインターネットにつなぐこと。「フリーWi‐Fiのない外出先でパソコンなどをネットにつなぎたい時に便利。基本的にはオプションサービスなので事前申し込みが必要です」

2年縛り:これには契約開始月から2年間契約を継続することと、端末代金を2年間分割で支払うことの2つの意味がある。「両者は時期がずれていることが多いので注意。大手キャリアは、違約金なしの解約期間に2か月の猶予あり」

廣末紀之さん 「ビットバンク」代表取締役CEO。著書『知識ゼロからのビットコイン・仮想通貨入門』(幻冬舎)がヒット中。

石川 温さん スマホ/ケータイジャーナリスト。週刊メルマガ「スマホ業界新聞」で、スマホやケータイの最新情報を配信中。

※『anan』2018年3月21日号より。イラスト・3rdeye 取材、文・保手濱奈美、熊坂麻美

(by anan編集部)