画像提供:マイナビニュース

写真拡大

●観光目的が多数を占める京都1号店

2017年7月、京都に合理的なカプセルホテルが誕生した。「スマートポッド」と呼ばれる居住スペースを採用した「ザ・ミレニアルズ」というホテルだ。このザ・ミレニアルズの2号店が3月15日にいよいよ東京で開業する。場所は若者文化のパワーがみなぎる渋谷だ。

さて、スマートポッドと呼ばれる居住スペースのイメージがわからない方がほとんどだろう。どう言葉で伝えればわからないが、居住性の高いカプセルホテルのようなものと、表現すればよいのか……。ただ、カプセルホテルとは異なり圧迫感が少なく、立って着替えることもできる。カプセルのような密閉空間ではない居住性が提供されている。

ただし、ビジネスホテルのような個室ではない。廊下と居住スペースがカーテンで仕切れるぐらいの空間だ。だが、それだけにビジネスホテルよりかはリーズナブルに利用できる。ここ数年、旺盛なインバウンド需要のためか、ビジネスホテルといえども宿泊料が上昇傾向にある。その意味で、こうした新スタイルホテルの価値は増すのではないか。

実は、京都に誕生したザ・ミレニアルズ1号店を取材したことがある。斬新な居住空間に驚きを覚えたが、今回2号店として登場した渋谷も基本的には同じコンセプトだ。だが、その役割が異なってくるのではないかと推察している。

○なぜ渋谷が選ばれたのか

グローバルエージェンツの代表取締役 山崎剛氏

まず京都だが、同地は観光資源が豊富で、インバウンドの来訪が多い。つまり、外国人観光客の利用者が多くなるのは想像に難くない。事実、ザ・ミレニアルズを運営するグローバルエージェンツの代表取締役 山崎剛氏によると、7〜8割が外国人観光客の利用だという。ビジネスホテルよりもリーズナブルな価格設定が、長期滞在を目的にする外国人観光客に支持されているのだろう。

一方、渋谷はどうだろうか。もちろん東京にも多くのインバウンドが来訪している。そうした外国人観光客の需要は高いだろうが、もうひとつの利用客層を想定できる。それは、ベンチャーやクリエイターといった層だ。

というのも、渋谷や五反田といった山手線駅周辺は、起業を志す、あるいは起業したばかりのベンチャーが集まりやすいところといわれている。ベンチャーはその規模によって「シーズ」→「アーリー」→「ミドル」→「レイター」と成長段階で区分される。とりわけシーズと呼ばれる段階は個人や数人であることが多い。そうした最小単位のベンチャーやフリーのクリエイターが渋谷には集まりやすく、そうした層がザ・ミレニアルズを利用するというストーリーが考えられるからだ。

●ベンチャー・クリエイターの需要をねらう

では、なぜ渋谷なのだろうか。もちろん、ベンチャーにとってはビジネスチャンスが期待できるからだ。渋谷には大企業が多いし、同じベンチャーも集まっており、ベンチャー同士の協業も期待できる。山手線を利用すれば新宿や池袋、品川といった企業集積地にもアクセスしやすい。半蔵門線を使えば大手町にも出やすい。

○ビジネスチャンスと創造性の高い土地柄

想像を豊かにするのならば、「地方で起業したシーズ段階のベンチャーが、東京の企業との取引のため上京。資金的にまだ余裕がなくシティホテルではなくザ・ミレニアルズを拠点にする」といった、シナリオが考えられる。

フリーのクリエイターにとっても、渋谷は絶えず新しい文化が生まれる街だし、原宿や代官山といった創作活動が盛んな地が目と鼻の先だ。

ザ・ミレニアルズの施設もこうした層をターゲットにしている。コワーキングスペースや電話室、自炊できるキッチンやランドリー(有料)、シャワー室が用意され、ビジネスと宿泊の需要に応えられるようになっている。

前述したように、この記事がアップされる15日から開業予定だ。予想したとおりの客層が集まるのか、それとも京都のように外国人観光客が多数を占めるのか、フタを開けてみなければわからない。半年ほど経ったら、リサーチしてみることにしたい。