出典:https://www.shutterstock.com

別れてから相手の存在の大事さに気づいたりすると、復縁を考えたりすることもあるでしょう。

でも、復縁をしても結局はまたうまくいかなくなり、再度別れるようなことになってしまう可能性だって十分にあり得ることです。

そこで今回は、復縁して“成功するカップル”と“失敗するカップル”の違いを紹介します。

 

■「別れた原因」を改善できているか

別れてしまったのには、何かそれなりの理由があったはずです。そもそもそこをお互いにちゃんと改善できていないままに復縁をしたところで、結局はまた同じことのくり返しになり、最終的には別れを迎えてしまうだけ。

束縛が激しかった、尽くしすぎて飽きられた、思いやりがなさすぎたなど、別れにつながってしまった原因はしっかりと改善するべきです。そこは曖昧にせずに、再度付き合い始める前に話し合って意見をぶつけ合った方がいいでしょう。

 

■「一方の愛情」だけが大きくないか

例えば、あなたが元カレとどうしてもヨリを戻したくて、強引に押し切って復縁をした場合、元カレは勢いに負けて何となく付き合っている可能性が大。それではお互いの愛情度も違いすぎるので、気持ちはすれ違っていくだけです。

また、あまりにも好きオーラを出しすぎると、最悪の場合、“都合のいい女”として扱われてしまうようなケースだってあり得ます。自分の感情だけで突っ走らず、元カレの気持ちも見極めておかないと、復縁後につらい思いをすることにもなりかねませんよ。

 

■「寂しさを埋めるためだけ」ではないか

彼氏と別れた後は、大きな喪失感を味わうでしょうし、とても寂しい気持ちにもなるはずです。だからといって、その寂しさを埋めるためだけに復縁をしたところで、一時的にちょっと心が満たされるだけのことでしかありません。

“やっぱり彼のことが好き”という思いがあるのであれば、復縁に向けて動くのもいいでしょう。でも、“ひとりになりたくない”という思いだけで安易に復縁に走るのは、いい結果を生み出しはしないかも。寂しさを乗り越えることで、またひとつ魅力的にもなるものですよ。

 

■過去を「蒸し返す」ことが多くないか

彼女にいつまでも過去のこと蒸し返されるのを男性はとても嫌います。復縁をした後でも、「あのときこう言った」とか「相変わらずそういうことするんだ」などと言われると、イライラが募っていくだけです。

別れた原因についても、ずっとグチグチと文句を言われたりしたら、「ヨリを戻すんじゃなかった」と男性は感じるはず。せっかく復縁してやり直すのであれば、過去の失態を振り返るのではなく、ふたりで新しい恋を作り上げていくようにした方がいいですよ。

 

復縁できたからといって、必ずしもうまくいくとは限りません。なぜ別れてしまったのかを、ちゃんとお互いに理解できていないままだと、結局はまた気持ちがすれ違っていってしまうだけかもしれませんよ。別れてしまった原因ときちんと向き合い、復縁して“成功するカップル”になってくださいね。

【画像】

※ Mikhail_Kay/Shutterstock

【関連記事】


(c)NOSH

【手相占い】「腹黒い人」に現れる相

エロすぎっ!男が「ついつい目をやってしまう」女子のボディパーツ

2位はB型女子×O型男子!「仲良しカップル」になる血液型相性ランキング