ミャンマーの最大都市ヤンゴンで黄金色の輝きを放つ仏塔シュエダゴン・パゴダ 大勢の観光客と地元の僧侶たちが入り交じり不思議な空気感を醸し出す(筆者撮影)

世界の春節を4回の短期連載で巡るシリーズ。注目するのは、中国人観光客の人気エリアトップを誇る東南アジアだ。
日本よりも中国人旅行者が集うタイの魅力」(3月6日配信)、「マレーシアが中国人旅行客を大歓迎する事情」(3月9日配信)、「中国の春節に沸くシンガポールの最新事情」(3月10日配信)に続く最終回は、“アジア最後のフロンティア”、ミャンマーにおけるチャイナパワーを辿る。

ミャンマー最大都市ヤンゴンの春節

春節が始まったミャンマーの最大都市ヤンゴンを歩いた。

国民の6割以上をビルマ族が占め、カレン族やカチン族、モン族などの少数民族が135部族にも及ぶミャンマーでは、これまで巡った東南アジア3カ国に比べても、華人コミュニティの存在感は目に見えては際立たない(※17世紀に中国雲南省から移住したコーカン族は主にシャン州居住)。

東南アジア10カ国から成るASEAN加盟国のなかで、春節を祝祭日としていないのも、ミャンマー、ラオス、カンボジアの3カ国である。それでも、ヤンゴン中心部にあるチャイナタウンは春節を祝う派手な飾り付けが施され、広い範囲に吊り下げられた4000個以上もの赤い提灯がお祭りムードを盛り上げている。

古くからの日本の縁日を彷彿とさせる素朴な屋台や露店が立ち並び、深夜まで人種を問わず活況を見せていた。地元紙では、今年の春節は過去数十年の間でも類を見ないほどに大きいスケールで祝われると報じられ、実際、獅子舞踊りや歌のショーなどさまざまなイベントが盛大に行われた。


ミャンマー中心部に位置するチャイナタウン。春節の連休は4000個もの赤い提灯で飾り付けられ、路面の飲食店も『恭喜發財』と書かれた赤い垂れ幕を掲げていた(筆者撮影)

「戌年」である今年、イスラム教徒の多いマレーシアでは犬のオブジェやイラストなどを巡り論争が巻き起こっていたが、仏教徒が9割を占めるミャンマーでは、打って変わって戌年を盛大に祝おうと犬のファッションショーなるものが開催されていた。赤く彩られた特設ステージに、思い思いにオメカシをした(された)犬たちが登場してお披露目され、大勢の家族連れなどで混雑した。

チャイナタウンで露店を出していた中華系ミャンマー人の男性は、少しなまった英語でこう話した。「この時期は同胞が多くここにも訪れるよ。そもそもミャンマーと中国は相性がとてもいいんだ。私は親の世代からここに住んでいるけれど、差別や不便を感じたことはほとんどないよ。中国人観光客も、ここは仏教の国だから居心地がいいんじゃないかな」

急速な発展の裏で息づく市井の暮らし

確かに、ヤンゴン最大の観光名所である、小高い丘にそびえ立つ仏塔シュエダゴン・パゴダには、その眩いばかりの金色の輝きをひと目拝もうと、中国人観光客の団体が大挙して訪れていた。地元の僧侶らが静かに祈りを捧げる姿を写真で撮り、電飾輝く仏様を背に自撮り棒で写真を撮り、恐らくもう撮影されることに慣れているピンクの袈裟を着た子どもたちの横に立って“集合写真”を撮る――。

ちょっとしたテーマパークに来てしまったような気分になり、厳かな気持ちが一瞬かき乱されるが、それさえも変化しゆく生活の一部として受け入れ、変わらずに黙々と祈りを捧げているミャンマーの人々の姿を見ると、不思議な感覚を覚える。ふと、ミャンマーの人たちの信仰心の深さを思う。

東京でヤンゴンから留学生として来ていた20代の女性の自宅に取材でお邪魔した際、彼女がわざわざミャンマーから持ってきたと見せてくれたのは、小さな黄金色の仏様の置物だった。大事そうに両手に抱えてその小さな仏様を見せてくれながら「毎日、お供えをしてお祈りをするの。お母さんの病気も良くなりますようにって、お願いするのよ」と話してくれた。

急速な発展を受け入れつつ変わらぬ暮らしを続ける素朴な空気感は、一般の人たちがごく普通に持ち続けている心の有り様を映しているのかもしれない。ちなみに、日本を観光で訪れるミャンマー人たちからも、その信心深さはうかがえる。彼らに人気のスポットだという鎌倉の大仏近くの土産物屋では、ミャンマー人たちの土産物としてミニチュアの鎌倉大仏が大人気なんだそう。なんでも1人でいくつも大量に買っていくそうで、日本の大仏をお土産にもらって毎日拝むといつか日本に来られる、という都市伝説もあるようだ。


ヤンゴン最大の仏塔、シュエダゴン・パゴダで地面にしゃがんでお祈りを捧げる親子。静かに祈りを捧げる地元の人たちを大勢の観光客たちが物珍しげに眺めていた(筆者撮影)

イギリス植民地時代に建てられた、ヤンゴン最大の市場「ボーヂョー・アウンサウン・マーケット」を訪れると、観光客の歓声に交じって、幾重にも可愛らしい声が重なる不思議な音色が聞こえてくる。独特のリズムを刻みながら近付いてくるその方向に目をやると、薄いピンク色の袈裟に身を包んだ小さな子どもの僧侶たちが列をなして托鉢をしている。

さっきまで、観光客の値切り交渉に頑として応じていなかった雑貨店の不機嫌そうな店主も、急に柔らかな表情になり子どもたちが持つ小さな鉢にお布施をしたりしている。

そこへ突如、静寂さをかき消すかのように聞こえてきたド派手な太鼓の音は、春節を祝う獅子舞踊りの集団だ。地元の人は大して気にとめる風もなく、首からカメラをぶら下げた観光客たちだけが懸命にその周囲に群がって写真撮影をしていた。

増え続ける観光客、そして、彼らを迎え入れるためのホテルの建設ラッシュや古くからの施設の立て直しなどで町の景色も刻々と変化している。そんななか、そっと耳を済ませば、日々の営みだけは変えずに淡々とそこに暮らし続けるミャンマー人たちの息遣いも聞こえてくる。


ヤンゴン最大の市場「ボーヂョー・アウンサウン・マーケット」で托鉢をする小さな僧侶たち春節を祝う派手な獅子舞踊りには大勢の観光客が群がり写真撮影をしていた(筆者撮影)

“パウッポー”の関係を維持してきた両国

民政化移行後、積極的に観光客の誘致を進めているミャンマー政府は、2020年までに世界中から訪れる観光客の数を年750万人と、軍政が終わった年の10倍近くに増やすことを目標としている。特に、国境を接する中国からの観光客は大事な上客だ。

ヤンゴン国際空港を運営するヤンゴン・エアロドロームは、春節の時期を前に増える中国人観光客を受け入れるにあたって、ミャンマーの文化やしきたりなどを掲載したブックレットを配布すると発表した。

また、アモイからの春節特別チャーター便を用意するなどして歓迎体制を整えた。ちなみに、価格が高騰する春節時期よりも、あえて安くなる春節後を狙って訪れる中国人観光客も多いらしく、彼らを迎え入れる体制は春節シーズンだけには留まらないようだ。ここへきて、中国などアジアからの富裕層を念頭に、カジノ合法化への動きも報じられている。

現地紙の報道によると、中国の大使公邸で開かれた春節を祝うレセプションにはミャンマー政府関係者や軍関係者など700人ものゲストが参加し、歌や踊りなどのパフォーマンスを楽しみ、中国とミャンマー双方の料理を堪能したそうだ。

中国大使は挨拶で、中国とミャンマー2国間の結び付きが昨年もますます進展したと振り返りつつ、「胞派(パウッポー)」としての友情がさらに高まっていると評価。これは、テインセイン前大統領が中国の習近平・国家主席と会談した際に「胞派」の関係、つまりビルマ語で“血を分けた兄弟”という表現でお互いの友好関係を表現したことに由来している。

そもそもミャンマー(当時ビルマ)は、1949年に中国共産党による中華人民共和国が誕生した際、非共産主義国家として最初に国家承認した国である。中国と国境を接し、欧米諸国から制裁を受けていた時期から緊密な関係を築いてきていた。国際的に孤立するなかで、中国がいわば後ろ盾的な存在となり深く依存していたと言える。

こうして、民政移管以前は世界の主要プレイヤーが不在のなか、石油や天然ガスのパイプライン開通など資源・インフラの大型プロジェクトを通じて、中国はミャンマーへの投資を有利な条件下で進め、主導権を握ってきた。

「一帯一路」でさらに強まる結び付き

中国は、石油や天然ガスなど豊富な資源を有するミャンマーを虎視眈々と見つめている。マラッカ海峡が封鎖された場合、ミャンマーを経由地点とすればインド洋から直接中国国内に資源を輸送するルートが確保できることから、安全保障の観点からも地政学的にも重要な国であることは間違いない。

昨年9月ヤンゴンで開催された、世界の華僑・華人実業家が集まる「世界華商大会」でも、中国が提唱する現代版シルクロード「一帯一路」構想が、大きく取り上げられた。2年に1回開催される大規模な大会で、ミャンマー人と中国人のネットワークを構築してビジネスに発展させることを目的とし、国内外から約2300人が集結。ミャンマーのミン・スエ副大統領は挨拶で「世界華商大会のミャンマーでの開催は、中国人企業家によるミャンマーへの投資にチャンスを与えるだろう。国境を接し、貿易・文化でも長い歴史があるミャンマーは、一帯一路構想の成功に貢献できる」と、中国との強固な関係に意欲を示したという。

一方で、民政移管後、全方位外交を推し進めてきたテインセイン前政権下では欧米諸国との距離が縮まり、相対的に中国の重要性が薄まってきてもいる。中国が取り組むダム建設の大型プロジェクトは、環境破壊などを理由に地元民からの反対が相次いだため延期が発表され、長らく凍結を余儀なくされている。このように、中国にとっては対ミャンマーへの投資リスクが近年高まっている側面もある。

少し前の話になるが、ミャンマー第2の都市マンダレーでは、中国人による開発やビジネスが過熱し、“反中ソング”なるものも流行したという。外資系企業に勤めるミャンマー人女性は、ミャンマーと中国の関係について、「私たちの国の発展にとっては、大事な支援国だと思う。でも、特に地方などでは行き過ぎた開発や、昔からの住民の生活や労働が奪われることに対する反感が大きいのも理解できる」と複雑な表情で打ち明ける。


ヤンゴンから少し車を走らせると素朴な街並みが続く。顔にタナカと呼ばれる日焼け止めを塗る女性たち。路面で香ばしい茹でトウモロコシの香りが漂う (筆者撮影)

国際社会を敵に回したロヒンギャ問題で再び

だが、ここへきて皮肉なことに、国際社会で非難の的にもなっているロヒンギャ問題に関して、両国の関係は再びその距離を縮め始めている。欧米諸国が「人権侵害」だと声高に叫ぶなか、中国はあえて批判を避けるなどして協調関係を示す姿勢を取っているのだ。

ミャンマーとしては手の平を返したように人権を盾に非難の嵐を浴びせてくる欧米諸国とは打って変わって、内政干渉を控えるスタンスをしたたかに取ってくる中国の存在は、一部でわき起こる国民の反中感情を持ってしてもなお重要なものなのだろう。

特にロヒンギャ問題で情勢が不安定なラカイン州には、港湾や資源開発で巨額の資金を投じてきた背景もある。春節を祝う式典でミャンマー側は、平和構築への中国のサポートに感謝の意を述べつつ、特にラカイン州での人道的支援についても謝辞を表したという。

こうした状況を欧米メディアは皮肉を込めて報じている。AFP通信は「ロヒンギャに対する軍の弾圧をめぐり国際社会の怒りにさらされているミャンマーは、古くから友好関係にある中国の存在に“慰め”を見いだしている」と表現、米紙ニューヨーク・タイムズは「トランプ政権下の不意をついた形で、中国が大規模なインフラ建設や少数民族との和平交渉などを通じて、再びミャンマーを中国に依存させ始めている」と指摘している。

中国への傾斜を強めるのはミャンマーだけではない。中国に経済的に支援を受けながら、独裁色を強めて欧米諸国の非難を浴びているカンボジアなどを含め、中国のプレゼンスを利用しつつ利用されることを厭わない東南アジアの側面も浮かび上がってくる。

今年1月には、中国とミャンマー、タイ、カンボジアなどメコン川流域の5カ国がカンボジアの首都プノンペンで首脳会議を開催した。ここでも、他国への内政干渉を控えることを前提としたうえで、メコン川流域各国の鉄道や港湾などのインフラ開発について、中国との一層の協力促進が確認された。中国側には、「一帯一路の要衝」としてますます東南アジアでの存在感を高めていく思惑も垣間見える。

ハード面だけでなく、人々の往来もますます活気を帯びている。世界遺産・アンコール遺跡を抱えるカンボジアをはじめ、タイ、ベトナム、ミャンマー、ラオスなどメコン川流域各国を訪れる中国人客の数は昨年、約1500万人となり増加の一途を辿っている。背景には、中国とメコン川流域を結ぶ国際線の増便などがある。

タイ、マレーシア、シンガポール、ミャンマーと4カ国の春節を巡り、浮かび上がってきたチャイナパワーの源泉。ヨーロッパやアメリカなど先進諸国の政治の不安定化がますます露わになるなかで、現代版シルクロード構想を掲げる大国の存在は、今後どのように変遷してゆくのか。