売上200億円突破、ブラジルの「トラック版ウーバー」CargoXの躍進

写真拡大

アメリカでは、トラック運送にテクノロジーを融合させる競争が激化している。そんな中、ブラジルではスポットライトから隠れるようにして急成長を遂げているスタートアップがある。その企業の名は、「CargoX」。設立から6年で、年商は既に2億ドルに達しようとしている。

Federico Vegaが創業したCargoXは、2011年の設立からわずか数年で、ブラジルのトラック運送業界でトップ10に入るまで成長した。ブラジルのトラック運送業界は市場規模が世界で3番目に大きく、トラック台数は260万台に達する。

例えば、ユニリーバのような企業が緊急で貨物を配送したい場合、CargoXのアプリを使えば簡単にトラックを手配することができる。CargoXは輸送に加え、リスクや保険にも対処し、報酬として15%の手数料を得る。

「アメリカの起業家たちは、次のフェイスブックを作ることを目指しているが、南米ではトラック運送のように古くて巨大な産業が手つかずの状態となっている。南米出身であり、テクノロジーの知識もある私は、この分野に参入する上で有利だと考えた」とVegaは話す。

Vegaはブラジル人ではないが、新たな分野や地域で挑戦することには慣れている。彼は学生時代、アルゼンチンのパタゴニアにある小さな町を出て、900マイル以上離れたブエノスアイレスまで自転車で移動した。その後、スペインを経由し、自転車でイギリスに渡ってノリッチで自転車修理の仕事に就いた。

彼はサウサンプトン大学で修士号を取得後、JPモルガンに入社したが、3年後に独立して小さな家を移動する会社を設立した。JPモルガンの上司はVegaの才能を見込み、出資を申し出たという。Vegaはロンドンにあるアパートを売却して会社の立ち上げ資金を工面した。

その後、事業は現在のCargoXのモデルへと発展した。Vegaは、南米における最大のチャンスはブラジルにあると確信したが、ブラジル経済が不況にあえぐ中、現地の投資家はアルゼンチン人であるVegaへの出資を拒んだという。

株主にはクアルコムの名前も

そこでVegaはニューヨークへ行き、アメリカの投資家と交渉し、「Valor Capital Group」やウーバーの創業メンバーで元CTOのOscar Salazarから出資を得ることに成功した。VegaはSalazarのアドバイスを受け、「トラック版ウーバー」を標ぼうするようになった。

トラックは走行時間の40%を荷物なしで走行しているが、CargoXを使うことで効率性を高めることができる。また、荷主にとっては日単位でトラックの台数を柔軟に増減することが可能だ。

アメリカではCargoXの認知度はまだ低いが、株主には「クアルコムベンチャーズ」や「ゴールドマン・サックス」などアメリカの大手企業が名を連ねる。同社は、これまでに3400万ドル(約36億円)を調達し、年内に社員を現在の250人から400人まで増やす予定だ。

Vegaによると、CargoXは今後数ヶ月以内にブラジルでトップ5に入るトラックオペレーターになる見込みだが、それでも市場シェアは3%に満たないという。CargoXの売上は、この1年で1億1500万ドルから2億ドル(約210億円)にほぼ倍増しており、このペースで成長を続ければ2021年には10億ドルに達する可能性も十分ある。

CargoXが将来的にアメリカに進出した場合、シリコンバレーのスタートアップとの熾烈な競争に晒されることになる。アメリカのトラック運送業界は、2015年の売上高が7260億ドル(約77兆円)、貨物量は100億トン以上、トラック運転手の数は350万人だった。

ウーバーは数年前にこの巨大市場に目をつけ、自動運転トラックの運行を開始したほか、トラック運転手と運送業者をマッチングする「Uber Freight」を提供している。また、ジェフ・ベゾスやビル・ゲイツが出資するシアトルのスタートアップ「Convoy」は、アンハイザー・ブッシュとパートナーシップを結んだ。他にも、トラック運送業者向けに車両管理機能を提供する「KeepTruckin」が、数百万ドルを調達している。

今後、CargoXは他の南米エリアへの進出を目指すが、アメリカ市場には当面参入しない予定だ。「ブラジルだけでも十分困難であり、アメリカに進出する余裕は今のところない」とVegaは話す。

目下のところ、Vegaが最も注力しているのが人材の雇用だ。シリコンバレーとは異なり、ブラジルではテック人材の確保が難しい。それでも、彼はCargoXの技術力に自信を持っている。

「驚くかもしれないが、我々のテクノロジーはアメリカのライバルたちに引けを取らない。しかも、我々の方が先に始めている」とVegaは話した。