画像提供:マイナビニュース

写真拡大

日本システムウエア(NSW)は3月14日、画像分析サービスである「Toami Visionシリーズ」の第1弾として、人・モノカウントサービス「CityVision(シティビジョン)」を提供開始した。

Toami Visionシリーズは、カメラで映した映像・画像から特定の物を認識する画像解析ソリューション。同社のIoTシステム構築技術を活かして、取得した映像・画像を利用しユーザー企業が容易に利用できるクラウドサービスを提供する。

第1弾として提供するCityVisionは、街中にどれだけの人が存在しているのか、どのくらいの車の交通量があるのかを可視化し、得られるカウント結果をリアルタイムにユーザー企業に提供する。

これまで人の手で行ってきた交通量調査では、精度のばらつきや人員のマネジメント、コストが大きな課題となっていた。同サービスではこれらの課題を解決し、従来は困難だった長期間や深夜の作業も実現するとしている。

また、カウント対象となる人・車以外のオブジェクトの追加、及び同社が提供するIoT向けビッグデータ分析・予測サービスである「Toami Analytics」と連携して取得したカウント結果と関連するデータを組み合わせて分析するなどのカスタマイズも可能という。

なお、解析では人物や車のナンバーなどの特定は行わず、映像データは解析後瞬時に削除しクラウド環境に残らないため、セキュリティを確保できるとしている。

同社は同シリーズの展開として、物流業や外食業などの特定業種に向け、多様な画像解析サービスの提供を予定している。