もうすぐ桜が咲く。だが日本株の春はもう少し先かもしれない(写真:road/PIXTA)

3月14日の日経平均株価は前日比190円安の2万1777円で取引を終えた。

前回の「日経平均株価がそう簡単に急回復しない理由」(2月28日配信)では、「低調な商いが続いた場合、日経平均株価は2番底探りも」と予想した。その後の株価は最初の底(2月14日安値2万1154円)に対する2番目の底(3月5日安値2万1042円)をつけ、再び戻り基調だ。15日以降、どのような足取りをたどるのか。テクニカル面での代表的な底値形成パターンを解説しながら、今後の見通しを探ってみる。

本格的な上昇へ反転する代表的な2つのサインとは?

株価が底をつける「代表的な底値形成パターン」は、以下の2つだ。

(1)ダブルボトム
アルファベットの「W字」を描き、底値を2回つけるパターン。安値(1番底と2番底)がほぼ同水準で下げ止まりながら、売買代金が縮小すれば売り一巡のサインとみなす(1番底より2番底の価格が高いことが理想的)。
(2)トリプルボトム(逆三尊型ボトム)
底値を3回つけるパターン。以下の特徴が挙げられる。
1番底に対し2番底が若干下回るものの、商いが縮小する
2番底よりも3番底が切り上がり、商いがさらに縮小。売り一巡から底入れ感が台頭する
その後の上げが「ネックライン」(戻り高値を結んだ水準、現在の日経平均株価では2万2502円が起点)を上回り、商いが増加すれば、相場上昇の反転シグナルとみなす

こうした株価の「形」からアプローチすることを、フォーメーション分析という。ポイントは相場の転換点となるネックラインを早めに見極めることだ。

また株価の動きだけでなく、売買代金の増減も重要なサインとなる。売買代金は、1番底で最も増加し、2番底や3番底では減少傾向をたどり、そしてネックラインを上回るところで再び急増する。「ネックライン超え」と「商い急増」がそろえば、相場上昇の反転サインへつながっていく。ネックラインを上回ると、…貽れ確認から順張りの買い、売り方による損失限定の買い戻しが重なり、商いが膨らみながら上げピッチも加速する。

現在の日経平均株価は、(1)(2)のどちらにより近いだろうか。筆者は、今のところ(2)の「逆三尊型ボトム」と重なる部分が多いと見ている。実際、1番底(2月安値2万1154円)に対し2番底(3月安値2万1042円)が下回ったにもかかわらず、売買代金は5兆円台から2兆円台へ縮小し、売り一巡を示唆している。足元の反発はネックライン(2万2500円前後)までの戻りの過程とみてとれ、下値を固めているようだ。

4月は海外勢が17年連続買い越し

では、今後の日本株は本当に逆三尊型パターンをたどるのだろうか。
国内では政治リスクが再燃しているのは気掛かりだ。またドル安円高基調が続く中で、4月下旬から始まる国内企業の決算発表に先駆け、海外勢が日本株の見直し買いへ転じるかどうか。さらに米朝首脳会談が実現するのかどうか。結果によっては、地政学リスク後退につながる可能性もあるからだ。

実は、アノマリー(法則などでは説明できない事象)として心強い材料もある。新年度の4月は、2001年以降、海外勢が日本株を17年連続で買い越しているのだ。2月の世界同時株安の震源地となった米国では、2月雇用統計で賃金上昇のペースが鈍り、米金利上昇への警戒感が後退。さらにナスダック指数は過去最高値を更新、米株式市場は再び「適温相場」の様相となりつつある。

仮に4月の外国人買いが日本株を押し上げ、ネックライン(前出のように2万2500円が起点)を上回りながら商いが大きく膨らめば、相場上昇の反転サインとなる。

2017年末値の日経平均株価は2万2764円だ。少し大きな視点でとらえれば、2018年の日経平均株価は日中の値幅は大きいものの、昨年末比5%前後下落したにすぎない。

確かに、相場格言では「戌笑う」はずが、足元では戌が「泣いている」状態かもしれない。だがテクニカル面からみた日本株は底値形成パターンの足取りに重なる部分が多い。海外勢が4月に買い越し、春の株高(スプリングラリー)となるか。年末にかけて堅調となる傾向がある戌年の動きも見据えれば、日本株は、引き続き押し目買いの局面と言えそうだ。