フランス当局は、AppleとGoogleが、不利な契約と、アプリストアでの不当な価格制度により、自国のアプリ開発者を利用しているとして、両社を提訴する方針であることを明らかにしました。

テック企業に対して強硬化するフランスの姿勢

フランスの財務大臣ブリュノ・ル・メール氏は14日、ラジオ局RTLに対し、フランスはAppleとGoogle裁判で真っ向から勝負する姿勢であると語った模様です。
 
ル・メール氏は、開発者たちは自らをGoogleとAppleに「身売りしている」と表現。「価格を押しつけられているうえに、GoogleとAppleがすべてのデータを取得し、一方的に契約を書き換えている」として、侮辱的なビジネス慣行が行なわれていると主張しています。
 
「これらの行為は、受け入れられるものではなく、このような経済は求めていない」と、ル・メール氏は憤りを言葉にしました。「スタートアップ企業や開発者を、このようなやり方で扱うことは許されない」と、同氏は続けています。
 
フランス当局が2015年から2017年にかけて行なった調査で、アプリ開発者とアプリストアを運営する企業との間に、重大な不均衡が確認されたとのことです。
 
フランス当局は今年1月にも、iPhoneのバッテリーが劣化するに伴い、端末の機能が低下する問題が報告された際に、Appleを「計画的陳腐化」の疑いで捜査しており、ここ数カ月間、フランスとAppleの関係に不穏な空気が漂っています。
 
 
Source:AppleInsider
(lexi)

投稿 フランス、AppleとGoogleを「侮辱的なビジネス慣行」で提訴 は iPhone Mania に最初に表示されました。