「30日間のスーパーフード」Vol.に登場はブロッコリー。ブロッコリーを食べるといい理由、取り方をご紹介。さっそく今日から!

解毒作用や抗酸化作用で注目を集める「スルフォラファン」という栄養素に注目

子供の頃は、ブロッコリー、苦手でしたか?この「アブラナ科の野菜」を食卓にあげてみませんか?どうしてかと言えば、ブロッコリーを食べると、解毒作用や抗酸化作用で注目を集めている「スルフォラファン」という植物由来の栄養素を得られるから。最近の研究によると、スルフォラファンが痛みを和らげる力は、関節に問題を起こす酵素の力よりずっと強いのだそう。

まるで小さな木みたいに見える、しっかりした歯ごたえのこの野菜、ビタミンCもたっぷり。リウマチ性関節炎を撃退する手助けをしたり、免疫力を高め、骨や血管を強くしたりしてくれます。

ブロッコリーの調理法

生のままでスナックに(いろいろな味のディップをつけて楽しんで)。スープに入れたり、ローストしたり、炒めたりしてもおいしい。緑色の穂先の部分をよく使いますが、茎も固い外側の皮をとれば食べられます。

<ブロッコリーおすすめメニュー>

玄米と野菜のチャーハン

ブロッコリーはスパイスが染み込んでも風味と歯ごたえが残りますから、炒め物に最適。ここでは健康に良い玄米やほかの野菜と組み合わせて。

料理サイト「シンプル・ビーガン・ブログ(Simple Vegan Blog)」より。

ブロッコリ・トッツ

テイター・トッツが大好きだけど、もうちょっとヘルシーにしたい?これです。野菜たっぷりのおいしいトッツ。スナックやサイドディッシュとして、いつでもどうぞ。

料理サイト「プリマベーラ・キッチン(Primavera Kitchen)」より

チキンとブロッコリーのクリームパスタ

30分でできるチキンとブロッコリーのパスタ。忙しいウィークデイのシンプルな夕食にぴったり。きっとお気に入りになります!

料理サイト「ザ・ライフ・ジョリー(The Life Jolie)」より。

Elizabeth Millard, by The Editors of Prevention/30 Days Of Superfoods: Broccoli For Healthy Joints

訳/STELLA MEDIX Ltd.