画像提供:マイナビニュース

写真拡大

開発者コミュニティStack Overflowは、1月に行った10万を超えるユーザーへの調査結果「Stack Overflow Survey Results 2018」(Web/英文)を発表した。

プログラミング技術などを中心に世界各地の開発者が集うナレッジコミュニティStack Overflowが毎年行う調査は今年で8回目。開発者約100,000人という大規模な調査になる。

公式サイトには概要と個々のユーザーが30分は消費するという80を超えるアンケート項目と調査結果がグラフとともに掲載(英文)されている。調査結果は全て(All Respondents)とプロフェッショナル(Professional Developers)でタブをクリックすることで区分してみることができる。

概要として、

・DevOpsや機械学習が重要なトレンドになっており、これらと関連するプログラミング言語やフレームワークがトレンドとして上昇、サラリーも増加している。

・少数が倫理的なコードの問題に直面し、責任の所在に関して異なった考え方を持っている

・AIのオファーに関しては大概が楽観的な考えを持ち、AIの危険性に関しては同意していない

・Pythonが昨年のPHPに続きC#を超えるランキングに浮上

・女性はプロフェッショナルな開発者として会社での文化や機会に重きを置くのに対し、男性は報酬や専門領域での労働に重きを置いている。

開発者の役割としてBack-end developerが最も多く、Front-end developerを上回る。56.4%がオープンソースへコントリビュートしており、80%が趣味でコードを書く。学習からコーディングまでにかかった年数は3〜5年が24.8%、性別は男性が92.7%で女性が6.8%、年齢は25から34歳が49.2%で18から24歳が23.6%などなど開発者の生態を詳細にリサーチ。

もっとも人気のある言語の調査結果(「Stack Overflow Survey Results 2018」より)

もっとも人気のある言語はJavaScriptが69.8%(以下%は複数回答値)で、HTML(68.5%)、CSS(65.1%)、SQL(57.0%)、Java(45.3%)、Bash/Shell(39.8%)、Python(38.8%)、C#(34.4%)、PHP(30.7%)、C++(25.4%)、C(23.0%)、TypeScript(17.4%)、Ruby(10.1%)、Swift(8.1%)と続く。6年間にわたりJavaScriptが1位の座を守っているが、Pythonが一昨年のPHPに続きC#を超えて、7位に浮上している。

最も愛する言語(Loved)、恐れる言語(Dreaded)、欲する言語(Wanted)も発表しており、最も愛する言語上位5つは、Rust(78.9%)、Kotlin(75.1%)、Python(68.0%)、TypeScript(67%)、Go(65.6%)。

恐れる言語はVisual Basic 6(89.9%)、Cobol(84.1%)、CoffeeScript(82.7%)、VB.NET(80.9%)、VBA(80.0%)。最も欲する言語は、Python(25.1%)、JavaScript(19.0%)、Go(16.2%)、Kotlin(12.4%)、TypeScript(11.9%)となる。同様にフレームワークやDB、プラットフォームやIDEなど多くのジャンルで詳細なレポートを公開している。

Stack Overflowではこれら匿名化された調査データは数週間以内にOpen Database License (ODbL)のもと利用できるようにする予定で、私たちはみんながデータから何を見つけるのか?を楽しみにしています!としている。