画像提供:マイナビニュース

写真拡大

阪神梅田本店では3月14日〜20日の期間中、「阪神の北陸4県 味めぐり」を8階催場で開催する。

同イベントは、北陸4県(福井・石川・富山・新潟)の物産展。北陸近海で獲れた海の幸や地元で人気のソウルフード、ご当地グルメ、人気銘菓などを販売する約60店舗が登場する。

「福丸ごーじょーもん」では、福井県を代表する冬の味覚・越前がにを販売する。「越前かに甲羅盛り(1個)」(1,201円)は、各日販売予定数200。「越前かに片足セット(1セット)」(1,080円)は各日販売予定数100。かには目の前で調理し、焼きたてを提供するという。

3月19日までは、食事処にて富山県の「麺家いろは」 が「富山ブラック肉盛そば(1人前)」(1,080円)を販売する。ラーメンの祭典「東京ラーメンショー」でV5を達成した人気のラーメンで、黒いスープには、創業以来注ぎ足しながら長い歳月をかけて熟成させた秘伝の黒しょうゆが使われている。

福井県の「ジェラートトリノ」では「クレープオンジェラート(1個)」(701円)、「ソースかつ丼クレープ (1個)」(701円)の実演販売を行う。そのほか、ジェラートマエストロコンテストで日本一となった「里山の秋(里芋ジェラート)」も販売する。

富山県の「白えび亭」では、限られた量だけ水揚げされる貴重な白えびを使用した「白えび天ぷら(100g当たり)」(1,296円)や「白えびバーガー」(1人前501円)を販売する。「白えびバーガー」は各日販売予定数200。

石川県の「鮨処あいじ」は、石川県産のこしひかりを使用した「犀川にぎり(1人前)」(2,700円)を販売する。

そのほか、「越前せいこ蟹まん」(1個486円)や、新潟のソウルフード「イタリアン」を阪神オリジナルで仕上げた「チーズカレーハンバーグイタリアン」(1人前651円)、「本ずわいがに棒寿司」(1人前1,681円)、「栃尾あぶらげ巻寿司(1本)」(1,620円)も登場する。

会場内には、新潟の日本酒や北陸の地ビールが楽しめるバーコーナーを設置。新潟の日本酒・蔵(全90蔵)のうち、半分以上の46蔵(46種)の日本酒がグラスで味わうことができる。また、富山「城端麦酒」、新潟「スワンレイクビール」など、北陸4県のクラフトビールも販売する。

※価格はすべて税込