画像提供:マイナビニュース

写真拡大

JPCERT コーディネーションセンター(JPCERT/CC)は3月14日、Adobe SystemsからAdobe Flash Playerの脆弱性を修正したバージョンが公開されたと伝えた。この脆弱性が悪用されると、リモートから任意のコードが実行される恐れがあるという。

脆弱性を抱えているバージョンは以下の通り。

Adobe Flash Player Desktop Runtime (28.0.0.161) およびそれ以前(Windows, Macintosh および Linux)

Adobe Flash Player for Google Chrome (28.0.0.161) およびそれ以前(Windows, Macintosh, Linux および Chrome OS)

Adobe Flash Player for Microsoft Edge and Internet Explorer 11 (28.0.0.161) およびそれ以前(Windows 10 および Windows 8.1)

対策としては、Adobe Flash Player を次の最新のバージョンに更新する必要がある。

Adobe Flash Player Desktop Runtime (29.0.0.113)(Windows, Macintosh および Linux)

Adobe Flash Player for Google Chrome (29.0.0.113)(Windows, Macintosh, Linux および Chrome OS)

Adobe Flash Player for Microsoft Edge and Internet Explorer 11 (29.0.0.113)(Windows 10 および Windows 8.1)

Internet Explorer 11やMicrosoft Edgeでは、Windows Updateなどで最新のAdobe Flash Playerが更新プログラムとして提供される。Google Chromeは、Google Chromeのアップデート時に、Adobe Flash Player が更新される。