画像提供:マイナビニュース

写真拡大

アユートは3月14日、台湾IN WIN製のPCケースとして、直径約68cmの透明球体アクリルシェル型PCケース「WINBOT(ウインボット)」の取り扱いを発表した。BLACK GREENとBLACK REDの2色を用意し、3月28日より各色3台で限定発売する。価格は398,000円(税別)。

直径約68cmの球体アクリルシェルを採用し、全方向をディスプレイできるE-ATX対応のPCケース。内蔵3Dカメラによる顔認識/自動追尾/ハンドジェスチャー認識が可能なインタラクティブ機能を搭載する。本体の回転機能や自動で開閉する機能をも備えている。

搭載可能ファン数は、背面に120mm×3基、背面に120mm×2基。水冷用ラジエターは前面にに360mmクラスを装着可能。搭載ベイ数は内部3.5インチベイ×4基、内部2.5インチベイ×8基。

主な仕様は、拡張スロット数が8基、拡張カードスペースが幅が最大340mmまで、高さが180mmまで、搭載CPUクーラーの高さが最大170mmまで、搭載電源の奥行きは210mmまで。外部インタフェース類はUSB 3.1 Type-C×2基、USB 3.0×2基、HDオーディオ。本体サイズはW685×D648×H700mm、重量は22.46kg。対応フォームファクタはE-ATX / ATX / マイクロATX。