新バラエティスポーツ施設「ブイエス パーク」大阪にオープン、動物と超短距離競争や低音卓球

写真拡大

ナムコからスポーツにフォーカスした新バラエティスポーツ施設「ブイエス パーク(VS PARK)」が誕生。2018年4月7日(土)に大阪・EXPOCITYにオープンする。

「ブイエス パーク」は、一生に一度は体験したいをキーワードに、エンターテインメント要素盛りだくさんのスポーツを集めたバラエティスポーツ施設。約800坪の施設内には、性別や運動神経に関わらず楽しめる様々なスポーツが設けられる。監修するのは、泡フェス、スライドザシティなどを展開するパーティークリエーターのアフロマンスだ。

「低音卓球」は、360度使える円筒形の卓球台で楽しむ卓球コーナー。球はバウンドし、さらに光の演出も加わることで予測不能なアグレッシブなスポーツが体感できる。友人とスピード勝負を楽しむなら「ニゲキル」がオススメ。対戦相手の動物を選ぶと壁に動物が投影され、超短距離の競争を楽しむことができる。

流行りのボルダリングも一工夫。デジタルでエンターテインメント要素を加え新しいスタイルへ様変わり。またカロリー消費のできる「ダイナマイトポーズ」といったコンテンツも設けられる。

【詳細】
ブイエス パーク(VS PARK)
オープン日:2018年4月7日(土)予定
住所:大阪府吹田市千里万博公園2-1 EXPOCITY内
営業時間:平日10:00〜21:00、土日祝日 9:00〜21:00
料金:一般 2,700円(2時間)、学生 2,160円(2時間)、小学生 1,620円(2時間)
TEL:06-6369-7186


[写真付きで読む]新バラエティスポーツ施設「ブイエス パーク」大阪にオープン、動物と超短距離競争や低音卓球

外部サイト

  • アシックスの新作シューズ「サクラコレクション」桜をイメージしたメンズ・ウィメンズモデル
  • エミ×アシックスタイガー「ゲルライト」黒のスプラッシュ模様を施したクリーンな白スニーカー
  • あべのハルカス展望台が近未来都市に変化、3Dプロジェクションマッピングで楽しむデジタル夜景イベント