スマホやPCの画面を120型サイズで映せるモバイルプロジェクター

写真拡大 (全3枚)

 パソコンのASUS LAPAN(東京)は、片手サイズのプロジェクター「ZenBeam Go E1Z」を発売した。Micro USBでスマホ、PCなどと簡単につなげて、最大120型の大画面で映像を見ることができる。オープン価格で、ネット通販などでは3万5,000円前後となる見込み。

 サイズが幅110×奥行83×厚さ29mmで重さ約300gと片手で持てるコンパクトさで、簡単にバッグなどに入れて持って行ける。モバイルの名のとおり約5時間も使える充電池を内蔵。コンセントやセッティング位置を気にせずに投映できるところもたいへん使いやすい。投映のために専用アプリを用意。

 通常のDLP方式よりも輝度とコントラストを最大30%アップしつつ消費電力を最大50%抑えたという技術で、鮮明な画像を長時間で楽しむことが可能。内蔵2Wアンプ/スピーカーで音声もしっかりと再生し、やや迫力不足のPCやスマホから音を出す必要がないのもポイント。さらにスマホなどの充電ができるUSB給電ポートも備える。ちょっとしたミーティングやプレゼンなどのビジネスシーンでも大いに活用できるアイテムとなるだろう。