米アップル(Apple)は、開発者向けイベント「ワールドワイドデベロッパカンファレンス」(WWDC)を6月4日〜8日に開催する。会場は、カリフォルニア州サンノゼのマッケナリー・コンベンションセンター。

 毎年開催される「WWDC」では、iPhoneやiPadのソフトウェアプラットフォームである「iOS」の最新バージョンや、アップルの最新技術、そして今後の方向性などが紹介される。現地からはライブ配信も行われ、世界中で視聴できる。

 現地のイベントに参加したい人は、23日2時(日本時間)までWWDCのWebサイトでチケットに応募できる。当選者には24日9時(同)までに通知される予定。学生向けには無料参加チケットも用意され、WWDCのWebサイトで応募方法が案内されている。