写真=iStock.com/Squaredpixels

写真拡大

時にはモチベーションになり、時には人を暗い気持ちにもさせる、お金。「プレジデント」(2018.4.2号)の特集「日本人の給料、貯金、老後のお金 全対策ノート」では、「新しいお金の常識」から財産問題まで、お金にまつわる幅広い話題を提供しています。今回は気になる年金制度の行方について、担当編集がその内容をご紹介します。

■誰もが抱える老後の不安

「老後の●●」。

この文を見て、あなたは「●●」の部分に何の単語を入れるでしょうか?(何文字でもかまいません)

「生活」「楽しみ」「生き方」……。どんな単語を入れてもいいはずです。しかし、多くの人は「生活費」「資金」の言葉が、頭をよぎったのではないでしょうか。私は今40代で老後を迎えるのはまだ先の話ですが、「蓄え」という単語が係り結びのように浮かびました。今、誰もが心の片隅で「老後のお金を準備しなければ……」という不安を抱えながら、日々を過ごしているような気がします。

個人的に、老後のお金に関して圧倒的な不安を感じるのが、年金制度です。これまでコツコツと払い続けてきましたが、ある日突然、制度が破綻して、「大変申し訳ありません。お支払いすることができなくなりました」という事態が訪れたら……。年金未納問題や人口減少のニュースにふれるたび、嫌な予感が胸をよぎります。

はたして日本の年金制度は一体どうなるのか? 今回の特集内の記事で、その行方について香取照幸さんに解説してもらいました。香取さんは、元厚生労働省の官僚。年金を改革し、介護保険をつくったことから「ミスター社会保障」「ミスター年金」とも呼ばれる人物です。

さぞかし難しい話になるかと思いきや、その説明は実にシンプルでした。

「公的年金制度の基本的仕組みは『働いている現役世代が生み出した付加価値を、生産から退いた高齢者に配る』ことです。公的年金制度は、よく『肩車』や『騎馬戦』などにたとえられますが、『働いている人が働いていない人を含めた全人口を支える』という意味では公的年金も普通の社会と基本構造は同じです」
「公的年金は『付加価値の分配』ですから、経済の実力以上の年金制度というのはありえません。もし現役世代が負担に耐えきれず年金が潰れるというときが来るとしたら、その前に日本経済が潰れているはずです。逆に言えば、日本経済が潰れない限り、公的年金は潰れません」

■「日本経済が潰れない限り、公的年金は潰れない」

「公的年金制度の仕組みは付加価値の分配」という表現に、「あっ、そう考えればいいのか」と納得したところに、「日本経済が潰れない限り、公的年金は潰れません」の一文……これには驚きを覚えました。

香取さんに「年金がどうなるか教えてください」と原稿を依頼した際、「30年後に破綻している可能性は10%」「今世紀中に、年金制度はなくなるかもしれない」、そんな結論もありうるのかな、と考えていたからです。すると目に入ったのは、「潰れません」という明快で大胆な主張。また、香取さんはこのように続けます。

「もうひとつ大事なことがあります。公的年金は『貯蓄』でも『金融商品』でもない。『保険』だということです。何を『保険』の対象にしているかというと、『長生きのリスク』です。寿命は誰にも分かりません。『長生きしても困らない』ためにあるのが公的年金です。だから世界中どこでも公的年金は必ず『終身給付』です。『生きている限り、いつまででも保障します』が公的年金の基本機能です。払い込んだ保険料の総額とは関係ありません。金融商品である私的年金との決定的な違いはここにあります。『保険』ですから損得論は無意味です。死んでお金は持っていけませんし、その必要もないはずです」

“年金”観が変わっていくこと請け合いの香取さんの記事ですが、話は「破綻しないから大丈夫!」と転がってはいくわけではありません。そこは冷徹に、「制度は潰れはしませんが、バラ色の給付というわけにはいきません」と警告を発するのです。

「今後日本はさらなる高齢化・少子化・人口減少・労働力人口減少が進んでいろいろ厳しい局面を迎えます。このことは公的年金についても言えることです」
「現在6600万人の労働力人口は2030年には最大5300万人にまで減少し、その後も減少していきます。他方で65歳以上の高齢者人口は2040年あたりまで増え続け、その後減少に転じます。その後は労働力人口も高齢者人口も減っていきますが、高齢世代と現役世代の人口バランスはとれていくので年金制度は安定していきます。つまり、今後20年から30年の間が『労働力人口が減るのに高齢者は増え続ける』という一番厳しい時期だということです。この『胸突き八丁』をどう乗り切るかが日本社会と経済全体の課題であり、社会保障と公的年金制度の課題でもあるわけです」

では、どうすればその正念場を乗り切れるのか?

その方法はおもにふたつあると言います。ひとつは……ここからはぜひ本誌記事「厚労省の元キャリアが明かす 年金制度が100%潰れない証拠」を読んで、ご確認ください。

(プレジデント編集部 鈴木 工 写真=iStock.com)