仲間由紀恵

写真拡大

〈新しい家族が増えることを心待ちにしております〉

 自らも「数字との戦い」に身を置く仲間が、さる1日に発表した文書には、そう綴られていた。

 スポーツ紙デスクが言う。

「同じ日の『デイリースポーツ』紙で報じられた『仲間由紀恵 妊娠4カ月』という記事を受けコメントを出したのです。彼女は現在、ドラマ『相棒』(テレ朝系)にキャリア官僚役で出演中ですが、今クールの収録はすでに終わっており、また司会を務める『ミュージックフェア』(フジ系)については、体調をみながら出演を続けるとしています」

 仲間は、ドラマ共演で知り合った田中哲司(52)と6年間の交際を経て2014年に結婚。当初から子どもを欲しがっていたものの、仕事が立て込んでままならなかったという。

仲間由紀恵

「16年1月に舞台『放浪記』の千秋楽を迎えた際には、子づくりについての質問に『まだ計画は立てていない』としながらも、『ママになれたら素敵だし、放浪記も続けられれば』と、大いに意欲を見せていたのです」(同)

 本格的な“妊活”は昨年以降だったといい、

「昨年4月期の月9ドラマ『貴族探偵』(フジ系)では、途中まで異例の“音声出演”するなど、徐々に仕事をセーブしてきました」(同)

 が、ほどなく夫婦を危機が襲う。昨年6月、夫の田中と有名ヘアスタイリストとの不倫疑惑が、写真誌にキャッチされてしまったのだ。

「仲間が仕事で海外滞在中に、田中が変装して相手の女性と会っていたという内容で、『3年目の浮気』などと報じられました。これを仲間の所属事務所が問題視し、田中と別れるよう彼女を説き伏せようとした。ところが、どうしても子どもが欲しかった仲間は、頑として説得に応じなかったのです」(芸能関係者)

 それでも、妊活中というタイミングで過ちを犯した田中には、苛烈な“ペナルティ”が待ち受けていた。

「平謝りの田中に対し、仲間の怒りはすさまじかった。最終的には『子どもをつくること』を条件に謝罪を受け入れましたが、数日後、田中はメディア各社に『お詫び文』をファクスさせられる破目になりました」(同)

 そこには、

〈家族に大変つらい思いをさせてしまい(中略)心から謝罪いたしました〉

 などと記されていた。

「『家族』とは妻に他なりません。本来ならばメディアに向けるような内容ではないのですが、公開謝罪させないと仲間の怒りは収まらなかった。以来彼女は、家庭内においていわば“絶対的優位”となり、着々と妊活を進めてきたのです」(同)

 それが、このたび実を結んだという話である。が、こうした慶事のおかげで、全く別の“混乱”が生じているというのだ。

「15%を切ると…」

 仲間が出演する「相棒」は、02年から続くテレ朝の定番ドラマ。主演の水谷豊扮する杉下右京の“相棒”は現在、4代目となる反町隆史が務めている。昨年10月スタートの「シーズン16」(放映中)でも、スペシャル回を中心に仲間は引き続き「警視庁広報課長」という重要な役どころで番組を守り立てている。それがあろうことか、

「今回の妊娠で、次シーズンのキャスティングが白紙に戻ってしまいました」

 とは、さる局関係者である。続けて言うには、

「反町さんの“前任”の3代目相棒は成宮寛貴さんで、彼の出演したシーズン11、12、13は、それぞれ平均視聴率が17・3%、17・4%、17・4%と安定していました。ところがシーズン14から反町さんに替わると、平均は15・3%。次のシーズン15も15・2%と、低下傾向にあるのです」

 何しろ16年間続く“長寿番組”。夕刻に流される再放送も、飽きられる一因だと見るむきもあるのだが、

「『元法務省キャリア』という役柄に反町さんが相応しくないという声は多く、今期はこれまでの全話平均で15%を割っている。実は、シーズン16が始まる昨年10月以前に、局内では斬新なチェンジを図るべく“次の相棒”候補として、いくつかの案が浮上していました」(同)

 そこでは当時、元SMAPの稲垣吾郎の名が挙がっていたが、

「もし実現すれば、9月上旬にジャニーズ事務所を退社して直後の出演となってしまう。“各方面”へのハレーションも考慮し、この案は立ち消えとなりました。結果、シーズン16はそのまま反町さんが続投となったのです」(同)

 一方で局内では“初の女性相棒を”との声も大きく、そこで白羽の矢が立ったのが仲間だった。実際に、

「巻き返しを図るためにも、来期放映予定のシーズン17は仲間さんで、というプランが目下、最有力となっていたのです」(同)

 それがあえなく水泡に帰してしまったというのだ。

「彼女の目がなくなった現在、候補者は見当たりません。キャスティングや脚本に強い発言力を持つ主演の水谷さんと、反町さんとの関係が良好であることがせめてもの救いですが、水谷さんはかねて『平均で15%を切るようなことになれば番組をやめる』と漏らしている。不安を抱えながら、来期も反町さんという流れになるのでしょう」(同)

 ドラマに詳しいライターの吉田潮氏が言う。

「仲間さんの状況を考えると、昨年10月期の『明日の約束』(フジ系)では自殺した生徒の母親、それも“毒親”を演じていて、夏には本当の母親になるわけです。役の幅を一層広げたい段階だと思いますし、そうした時期に定番作品のレギュラーになると『科捜研の女』のカラーが定着してしまった沢口靖子さんのようになりかねない。そんな危惧もあったのではないでしょうか」

 痛し痒しのおめでたなのである。

「週刊新潮」2018年3月15日号 掲載