米アップルは3月12日、雑誌の定額制読み放題アプリを手がける米ネクスト・イシュー・メディアという企業を買収すると発表した。

 同社が企業買収について明かすことはあまりなく、こうして発表資料も出して、買収の事実を明らかにするのは、珍しいことだ。

[JBpressの今日の記事(トップページ)へ]

大手出版社の合弁事業

 買収したネクスト・イシュー・メディアは、「テクスチャー(Texture)」という、アプリを手がけている。

 このアプリは、アップルやグーグルのアプリ配信サービスで無料配信されており、月額9.99ドルを支払えば、「タイム」や「ピープル」「フォーブス」「ニューズウィーク」「ニューヨーカー」「ナショナルジオグラフィック」「ヴォーグ」など200以上の雑誌が読み放題になる。

 興味深いのは、このネクスト・イシュー・メディアが、メレディスやハースト、ニューズ・コーポレーション、コンデナストといった大手出版社の合弁事業であることだ。

 ウォールストリート・ジャーナルによると、その設立目的は、アップルやグーグル、フェイスブックといった巨大テクノロジー企業に対抗すること。

 インターネット広告の市場では、グーグルとフェイスブックの合計シェアが、全体の6割を占めている。モバイルアプリの分野では、グーグルの「Google Play」とアップルの「App Store」が世界の2大サービスとなっており、両社がこの市場を支配している。

(参考・関連記事)「さらに進むグーグルとフェイスブックの複占状態」

 一方で、近年は、紙の雑誌の広告収入が減り、業界は、再編や規模の縮小を余儀なくされている。今回のアップルへの事業売却は、そうした状況に即したものだと、ウォールストリート・ジャーナルは伝えている。

サービス事業、iPhoneに次ぐ規模に

 アップルでは、音楽配信サービス「Apple Music」や前述したApp Storeなどを含むサービス事業の売上高が伸びている。

 例えば、昨年9月末までの2017会計年度における同社サービス事業の売上高は300億ドル。パソコンのMacやiPadのそれを上回り、iPhoneに次ぐ大きな事業へと成長している(ドイツ・スタティスタのインフォグラフィックス)。

 こうした事業拡大戦略の一環か、アップルは先ごろ、音楽認識アプリ「Shazam(シャザム)」を手がける、英シャザム・エンターテインメントを買収すると伝えられた。

(参考・関連記事)「Apple Musicをテコ入れか、音楽認識の英社を買収」

Newsアプリに統合か

 なお英フィナンシャル・タイムズによると、アップルは、今回買収するサービスやコンテンツを、同社の「News」アプリに統合するもようだ。

 アップルのインターネットソフトウエア&サービス担当上級バイスプレジデントのエディー・キュー氏も、発表資料の中で「我々は、信頼のおける情報源から提供される、品質の高いジャーナリズムに全力で取り組んでいく」などとコメントしている。

 このNewsアプリは、2015年にiOSの標準アプリとして提供を開始したものだ。残念ながら現在提供されているのは、米国、英国、オーストラリアの3カ国のみで、日本ではまだ利用できない状態が続いている。

筆者:小久保 重信