活発な活動を続ける新燃岳 火口内に噴き出していた溶岩はほぼ停止

ざっくり言うと

  • 火山噴火予知連絡会が会見で、新燃岳の活動状況について見解を示した
  • 「火口内に噴き出していた溶岩は、9日ごろにほぼ止まった」と説明
  • 気象庁は4kmに及んでいた警戒範囲を、近く3kmに縮小することを検討している

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング