執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと

春に悩まされる花粉によるくしゃみや鼻水。今年の花粉の飛散ピークや、花粉の対策についてまとめました。

スギは3月末から4月上旬、ヒノキは4月中旬まで

くしゃみや鼻水、目のかゆみなど、花粉症の人にとってつらいシーズンの春が到来。街にはマスク姿の人が多数見られるように、別名「季節性アレルギー性鼻炎」は、なんと日本人の4人に1人が罹患しているともいわれています。

環境省によると、今年の花粉は昨年並みまたは、多い傾向。前年と比較して、東北から中国、四国地方にかけて「非常に多く」、例年比では東北と東海地方で「やや多い」、特に青森県では「非常に多い」とされています。2月の上旬に九州や関東地方で花粉の飛散が始まったのを皮切りに、スギ花粉は3月にピークを迎え、3月末から4月上旬が終わり頃。ヒノキ花粉のピークは4月上旬で4月の中頃まで続きます。花粉シーズンもあと少し。今すぐできる花粉対策を取り入れて、できるだけ快適に乗り越えましょう。

いますぐできる花粉症対策

1)喫煙、受動喫煙を避ける

タバコの煙は、鼻の粘膜を刺激し、花粉症を悪化させることに。受動喫煙も粘膜の刺激になるほか、排気ガスなどの刺激に。室内では、空気清浄機を使って空気を清潔に保ちましょう。

2)ストレスを解消する

花粉症は免疫システムの異常によるものですが、その大きな原因がストレス。春は、学校や職場環境がかわることもあり、ストレスを感じやすい時期ですが、カラオケに行くなど、自分なり発散する時間をもうけて溜め込まないようにしましょう。

3)睡眠をたっぷりとる

睡眠不足だと免疫力が低下するので、花粉症が悪化しやすくなります。特に春は季節柄ホルモンバランスを崩しやすい時期。たっぷり睡眠をとり、規則正しい生活を心がけましょう。

4)アルコールはほどほどに

アルコールは血管を拡張させる作用があるので、鼻づまりや目の充血などが起こりやすく。完全にアルコールを避ける必要はありませんが、飲まない方が花粉症対策には◯。

5)アロマオイルを活用

アロマオイルには、鼻づまりを改善したり、免疫力を高めたりする効果があります。なかでも、花粉症対策に有効なアロマがペパーミント、ユーカリ、ティーツリーです。ペパーミントには、清涼感のある香りで鼻の通りをよくする効果が。ユーカリ、ティーツリーは殺菌効果があり、免疫力も高める作用があるそう。マグカップにお湯を入れ、数滴垂らすだけで簡単にアロマが楽しめます。また、お出かけする際には、ハンカチに数滴垂らしたものを持ち歩くと便利です。

6)腸内環境を整える

花粉症などのアレルギー症状は、体の免疫システムが異常になっている状態。免疫システムの70%は腸にあり、それに影響を与えているのが腸内細菌です。善玉菌が免疫システムをサポートすることがわかっているため、腸内環境を整えておくのが大切です。その代表的な食材がヨーグルト。菌のなかでもビフィズス菌の一種、BB536の花粉症改善効果が期待されているそう。また、便秘の人は水溶性食物繊維と不溶性食物繊維をバランスよくとって、快便習慣をつけて。