「ストライク・ザ・ブラッド」OVA第3期制作決定 細谷佳正&種田梨沙らキャスト&スタッフが続投

写真拡大 (全2枚)

(C)2018三雲岳斗/ KADOKAWA アスキー・メディアワークス/PROJECT STB OVA

アニメ「ストライク・ザ・ブラッド」のOVAシリーズ第3期「ストライク・ザ・ブラッドIII(ザ・サード)」の制作が決まった。リリース時期ほか詳細は後日発表。

三雲岳斗氏による学園アクションファンタジー小説(KADOKAWA刊)を原作に、人類と魔族が共存する世界で、最強の吸血鬼“第四真祖”の能力を手に入れた少年・暁古城(あかつきこじょう)と、彼を監視するために政府の獅子王機関から派遣された姫柊雪菜(ひめらぎゆきな)らが、襲いくるさまざまな敵と戦いを繰り広げる姿を描く。

2013年にテレビアニメ「ストライク・ザ・ブラッド」が放送されて好評を博し、15年からOVAシリーズ第1期、16年からOVAシリーズ第2期「ストライク・ザ・ブラッドII」がリリースされた。OVAシリーズ第3期「ストライク・ザ・ブラッドIII」では、古城が行方不明になる中で、終焉の真祖と未来からの介入者が現れ、原作小説における第1部「聖殲篇」のストーリーが完結を迎えるという。

メインキャストは古城役の細谷佳正、雪菜役の種田梨沙らが従来シリーズから再登板。監督の山本秀世、シリーズ構成・脚本の吉野弘幸、キャラクターデザインの佐野恵一、アニメーション制作のSILVER LINK./CONNECTといったメインスタッフも続投となる。